ファーストデートの頃には飽きられてしまう女

ゴールデンウィークには全く関係ない(これからする話はクリスマス時期のことです)のですが、せっかくの最終日、ゆっくりできるうちに、こんなお題にトライしてみます!

私が高校1年の頃ですが、お付き合いした人がいました。相手は高校3年の先輩でした。
男女1人ずつの2人だけの部活……何も起きないわけはなく……というやつです。
秋の文化祭終わりに私から告白して実った恋でした。

彼とクリスマスデートをすることになりました。
緊張し過ぎて、食事があまり喉を通らなかったことを覚えています。(昼のメニューと食べ物が被ってしまっていたこともあるかもしれませんが……)

彼は寒がる私を気遣ってくれたり、話に付き合ってくれたりしてくれましたが、近づこうとしたときに避けられるなど、不安の予兆もありました。

その後、相手が高校3年の受験生ということもあり、年明け頃から連絡が取りづらくなりました。
そして、彼の進路が決まって落ち着いたと思われる、その年の3月にメール1本で別れを告げられました。

そこから未来の私はというと、男性と2人きりで出かけるということは何度かあり、なかには“デート”と呼んでもいいものもありました。
しかし、お付き合いした方とした“デート”は、後にも先にもこれ1回きりです。

他のいわゆる“良い感じ”の男性とデートしたときも、飽きられている感が正直ありましたし、私は、『デートにこぎ着ける頃には、飽きられ始められる女』な気がしています。
原因は、重い性格か、はたまたタイミングが悪いからか……と分析しますが、自分自身で気がついていない原因もあるかもしれません。

ファーストデートをした先輩彼については、受験前に告白してしまったことで、受験の邪魔になってしまった気がしています。今思えば、卒業まで適度に連絡を取り続け、卒業式で告白すれば良かったかなぁ?と反省をしています。
ただ、卒業式の時点で、受験先の合格発表がされてなかった気がするのと、進学先が女性が大多数な看護学校だった時点で、どのみち無理な恋であったと、三十路を過ぎた今では思い返します。

別れた後、相当失恋を引きずった私は、一時期、救急車のサイレンで耳を塞いだり、ナース系のドラマを見てパニックになったりと、後遺症が重篤な時期もありました。
しかし、数日前、『白衣の戦士』の宣伝番組を見たときに楽しく見られたので、「あ、過去のトラウマがすっかりなくなったな〜」と、そんなことを思い出しながら、この内容にすることを決めました。

肝心の“ファーストデートの思い出”があまり触れられていない挙句、ひどくネガティブな内容ですが、緊張で当時ですらあまり記憶がないのと、本当にお付き合いデートがこれしかない(本記事を書くにあたり、大事なことなので2度書きました)ので、勘弁していただければ幸いです。

幸せなデートの内容が読みたい方は、他の人が書いた記事をお読みください(笑)

#ファーストデートの思い出 #エッセイ #ファーストデート #初デート #デート #恋愛 #高校生 #思い出 #失恋 #受験生 #受験 #受験と恋 #トラウマ #トラウマ克服

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今後ともよろしくお願いいたします
9

彩希弥生

契約社員に飽きてきた、何かを伝えたい車椅子ユーザーです。日々思うことの記事をとおして皆様に気持ちをお伝えしていけたらよろしくお願いいたします。画像はだいぶ加工した伏し目がちの私です。

とある車いすの恋愛物語(キャントラブ)

自執筆の記事の中で、恋愛系の記事をまとめたものです。タイトルは「叶わない恋」の英語表記を意識しながらつけました(無料記事限定です)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。