マウイで【地球に寄り添った暮らし】を経験した3カ月のこと。#01

2018年の8月の終わりから11月中旬までの85日間。
2歳の娘と共にマウイで「暮らす」ように滞在しました。

様々な理由が重なり、何かに導かれるように行ったマウイ。
一番の目的は、【地球に寄り添った暮らし】をしたかったから。

目の前に広がる景色のほとんどが自然のものであるような暮らし。
葉山に住んでいた頃は、そういう中で暮らしていましたが、
東京暮らしを再び始めてから、特に、娘が産まれてからは、
その想いがより一層高まっていきました。

都会の中での子育ては、親子で楽しめる刺激もたくさんありますが、
私にとっては緊張の連続で、娘が歩くようになってからの外出は、
家を一歩出た瞬間から身体にビリビリ電氣が走るような痛みを感じるほど。
歩道を走る自転車、歩道のない道路、駅のホーム・・・
公園やお買い物、目的の場所に行くまでの危険が多く、娘の自由に歩きたい氣持ちを尊重しながらも、常にボディガードのような神経で(苦笑)
都会でのびのびと育児が出来ていない自分自身の弱さと向き合う日々を過ごす中で、身体にもその影響が出てきていました。

このままだと・・・と思い、娘が幼稚園に通う前の今だからこそ、自由に好きな場所に、また自分に合う場所に行ってみようという氣持ちが芽生え、
その中で【マウイ】という島が浮かびました。

その浮かんだ直後からスルスルとマウイへ滞在する流れが整い、氣がついたら空港に。ハワイに上陸した大きなハリケーンが去った日でした。
最初の2日間は、偶然にも出発の1週間前に同じタイミングでハワイに行くことが分かった先輩スーパーママさん親娘とオアフで過ごし、
その後マウイへ。

マウイでは、滞在前に考えていたことと、行ってから実際に過ごしたことが全く違って、その時、その時に目の前で起きていることに向き合い、選択し、過ごしていたら、3ヶ月後には、数々の素晴らしい出逢いや様々な経験を重ねてパワーアップした私と娘がいました。

自分で「パワーアップした」なんて言葉に出して言うのは氣恥ずかしいのですが(笑)、それぐらいBeforeとAfterの私、娘共に、大きな変化、成長を感じられる滞在になりました。そして、そんなパワーアップができたのは人のあたたかさとマウイの自然のお陰です。

最初の1ヶ月は、借りたお家の大掃除をしたり、娘と遊んだり、暮らしに慣れる日々。と同時に自分自身の色々な感情と向き合いました。
2カ月目からは、運転をしてファーマーズマーケットやイベントへ。そこで数々の出逢いがあり、2カ月間で30人ほどの日本人女性と出逢い、その魅力的な皆さんにたくさんのことを教えていただきました。また、メインランド等からマウイに移住した素敵なママ達とも出逢いました。

SNSで、日々そのことをアップしていましたが、
地球に寄り添った暮らし、そんな暮らしをしている素敵な方達、食のこと、マウイのオススメスポット。マウイ滞在中に関わって下さった方達への感謝の氣持ちも込めて、改めてひとつの場所に書き記しておきたいと思います。

暮らし方、生き方、マウイへの旅のプチガイド...色々な見方で楽しんでいただければ嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

MAHALO☆
13

地球に寄り添ったマウイでの暮らし。

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。