アイデアの基礎体力「観察力」の鍛え方

先日、「どうやってそんなすぐにアイデア出せるんですか?」という相談を受けて「おもろいとか、おもろくないとか考えずに向き合えばすぐ出る」とアドバイスしたところ、そう簡単にはいかなかったということでアイデアの基礎体力でもある「観察力」について、少し説明します。

僕は10年ほど、広告のプランナーとして働いていました。そこでは明日提案なんだけど、今日の午後に全体会議あるんだけど、なんかいいアイデアない?(電話で)なんてことデフォで結構あるんです。そんなとき、その場でうーんといって、いくつかアイデアを出します。ものの10分もないくらいです。なぜこういうことができるのか、その方法は観察にあるんです。

ゼロベースでアイデアは生まれない

インプットがあって、アウトプットが成立します。
何もない状態でアウトプットは無理です。ビール飲みまくったらトイレが近くなるのと同じで(例えば汚い…)出すにはインプットが必要です。

僕は日常的に見える触れる物事全てをじっくり見る癖があります。これは北海道というど田舎で生まれ育ち、暇つぶしがぼうっと外を眺めることだったのが理由かもしれません。雪の降りかたや風の凪方をみて、おぉそういうことか!と世界の些細な秘密を見つけて喜ぶ、根暗オブザイヤー受賞しそうな遊びですが、子供の頃からこれが癖でした。

多くの人が誤解しているのが、何もインプットしない状態で新しいことを生み出そうとする意識です。これ無理です。毎日素振りするとか、ランニングするみたいな感じでインプットを増やす必要があります。

誰でもできるインプット方法「観察」

ここで僕が新人時代に導入した観察の練習を教えます。
僕の唯一の教科書「考具」という本に書いていた方法です。この本、とてもおすすめなのでチェックしてみてください。たくさんの方法が書いてあり、自分にあったテクニックが見つかるはずです。

何をしていたのかというと、「形・色」を使った遊びのようなソロWSです。方法はこんな感じ。

僕は空っぽのティッシュケースにまる、さんかく、しかくと書いた紙切れを入れて、毎朝会社に行く前に引いて、それを探すってことをやりました。
例えば、1日○を探し続けるんです。それだけなんだけど、気付きがすごい。

なぜ、その形状か?を考え始める

そうやって世の中を観察し始めるとすごい量のマルがある。ペットボトルの蓋をみたときに、あ…ギザギザついてる!って前から知ってたけど改めて注目します。そうか、蓋あけやすいためか、なんて気付きます。

あれ、人の目も丸いなって気付きます。世界を見渡す駆動域を広げるにはマルが最適なんだって思います。あ、ハンドルもマルだってタクシーに乗って気付きます。操作系の多くはマルを軸にしたものが多いななんて気付きます。なんでコップは丸いんだろうとか、様々なマルの形状の意味を探りたくなります。

この方法の優れた点は自分で気付き、考え始めるところにあります。問われると答えが知りたくなる。なぞなぞロジックですね。で、休憩時間とかに調べたりしちゃうんです。その形状に到るまでの理由が掘らないとでてこないんだけど、すごい量が出てくる。ペットボトルの蓋はポカリスエットがすごくて、風邪ひいたときとか、運動の時に飲む。そういう人たちって普通の人たちより握力かけずにあけたい。昔のポカリは痛くなりようにアールが強めについてたり、掘らないと気づかない創意工夫に驚きます。

これが観察力を鍛える底地だからとなってることに気付いたのは、数年後でした。

(ちなみに、この高度版だと形に加えて、色を加えて行くといい)

目に見えるもの、耳にするものが全てインプットになる

この遊びのような方法は独自ものとして僕に定着しました。僕に接触する音、視覚、感情の全てに対して「なぜだろう?」という思考が働くようになりました。そこには答えがわかったものや仮説のものがたくさんあるのですが、他の普通に暮らしている人より多くの立ち止まって考え込む時間が生まれたんです。

喫茶店にいっても、どこかに遊び行っても、全部インプットになる。最初は頭がどっと疲れるけど、慣れるといい遊びです。髪を紫に染めたおばあさんはなぜ紫を選ぶのか?とか、主婦はなぜあんなに喋るのか?とか、子供はなんで嘘をつくのか?とか。ふとした日常のざわつきが観察と考察ゲームのスタートの合図。これが面白い。しかも複数人でやると超面白い。多角的な視点や価値観、考察が手に入るんです。

膨大な無駄なインプットが黄金に変わる

僕はアイデアで飯を食っており、今年取ったのかその上のレイヤーで戦略やらなんやらとアイデア土台の仕事に育っている。働き出してずっとこの仕事なので僕はこの観察力という力で飯を食っているといっても過言ではない。

これは、他の人が観察のスイッチをオフしている間に、僕はずっとオンだったっていうアドバンテージである。小さな積み重ねがここまで僕を連れてきてくれたんだけど、誰だって今日から始めれる簡単なことだったりする。

なんだこの情報っていうのも大量にあるけど、まさかこんな時に大事な情報になるなんて!って体験を今まで何度もしてきた。ぜひ、みなさんも遊び感覚でやってみてほしい。

当たり前にすぎる日常は全て教科書に変わる体験を、ぜひ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたお金は子どもに本でも買おうかと思ってます。

ビールおごるわ!
231

まいにちノート2

100個までしかノート作れないことに気づいた。 二冊目ノート。
13つのマガジンに含まれています

コメント1件

観察力を鍛えたい、でもどうやって鍛えよう?と思ってたところだったので、良いきっかけをいただきました!まずは◯△□から始めてみたいと思います( *ˊᵕˋ)✩︎‧₊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。