コンテンツメーカー マツイヒロキさんのルーツ

こんにちは。Lifusion(ライフュージョン)の佐藤久美です。

と言いながら、今日は青空アカデミーのお知らせです。

先日、マツイヒロキさんにインタビューをさせていただきまして、【第1部】の音声を公開しましたが↓

やっと今日、第1部の音声を記事にしまして、青空アカデミーに公開しました!^^

なかなか音声聞けないよ~という方、大変お待たせしてすみません^^;

マツイさんのインタビューの中で

もっとみる

マツイヒロキさんへのインタビュー【第1部】記事としても公開しました。

こんにちは、青空アカデミーの佐藤久美です。

2019年7月11日、コンテンツメーカーのマツイヒロキさんにインタビューをさせていただきました。

すでに第1部の音声は、一足早くこちらで公開しているのですが↓

青空アカデミーのサイトにインタビュー記事としても公開しましたので、お知らせします!!

はい、こちらです!↓

マツイさんって、お話も面白いし、いろんなアイデアが飛び出してくるので、すごい勝

もっとみる

『Destructive creation』vol.94

2019年7月17日 発行

インターネットの発達やスマホの普及によって、個人が世界中の重要な情報に容易にアクセスできる時代になりました。
物理的にも、格安航空機の登場で渡航費が下がる一方だし、円安が続いている。もはや私たちを日本にとどめる障壁は確実になくなりつつあります。
限りない可能性と、それを実現させる手段はすぐ目の前に開かれていますが、それでも私たちを日本に押しとどめるものがあるとすれば、

もっとみる

最初に飛び込むペンギンになるべき

おはようございます。やまかず です。

今回は、「最初に飛び込むペンギンになるべき」ということについて話したいと思います。

ベンチャー企業には、変なアイデアが求められる。

ベンチャー企業の強さは、いかにクレイジーな案を提案できたかにかかっています。

「長持ちするモバイルバッテリーを開発することは、誰から見ても優れたアイデアである。従って優れたスタートアップのアイデアではない」
 大企業は、「

もっとみる

【i-color】アイデアにおける星野源のi-color的見解

※以下の文章は2018年8月、FB限定で公開しようと思っていた文章です。
初めて全編通じて聞いた時に鳥肌が立って、もっとこの人の事を
(統計心理学という視点でもって)紐解きたいと思い
独断と偏見とファン心理をもって記したものです。
多少どころかかなり長編ですが、あなたの暇つぶしになれば幸いです。

***

むさ苦しいタイトルでお目汚し失礼します。
8月中旬の野人です。

私は決してビクターの中の

もっとみる

無駄遣いを減らす方法

お洋服や化粧品、ネイル…女の子ってとにかくお金がかかるもの。
以前わたしはほしいものはほしい時に、行きたいところは行きたい時に、という風にお金を使っていました。
全然お金が貯まらなくて、ここぞという時に使うお金が無い。悪循環に陥っていた時期がありました。

そんなわたしが無駄遣いをやめられた方法を紹介します。

それはとっっても簡単です。

どんな小さなものを買う時でも、
いつでも、どこでも、

もっとみる

おいでよ★ハーレム(6)|「きぃちゃんはラノベ作家になりたい。」

「きぃちゃんはラノベ作家になりたい。」は、ラノベ作家を目指す少女・きぃちゃんと、その友人の日常を描いたゆるゆる物語である!!

---✌---

●きぃちゃん:ラノベ作家志望のJK2。アホな子。

●桃ちゃん:いい子。

●青ちゃん:不思議ちゃん。

---✌---

前回までのあらすじ:「ハーレムものも書いてみたいなぁ!」ときぃちゃん。あれこれアイデアを出す3人だが……今回は「スラムのヒロイン」

もっとみる

悩みなんてなければ、

1分de読めるコラム







悩みなんてなければ

前よりも、前に進める?

違います。

結局、

悩んでるふりをして
前へ進みたくないだけなんです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

デジタル×アナログ×■■■

_/_/_/_/_

もっとみる

2019/07/16 【本日のクソメモ】

目標が「回避」が目的だと鬱になるらしい。
例、嫌な人に出会いたくないとして、その為に何か行動をしたとしても絶対に嫌な人に会わないというのは無理な話。コントロールできない問題
なので、何かを「得る」為の行動をするべき。
例、「良い人に会いたい」という目標であれば、行動すれば必ずいつかは結果が実る。そして、周りに良い人ばかりとなれば、結果的に「悪い人と出会わなくなる」という事が起きる。

もっとみる

テクノロジーとアイデアのマッチング

日経電子版の記事【電通、プロダクトデザイン事業を強化 意匠権を販売】は、テクノロジーはあっても、様々な理由で自前でのデザインに消極的な中小企業にプロダクトデザインを提供する、というビジネスに関するリポートです。

 この記事を一読してつくづく思うのは、テクノロジーのある所にはテクノロジーがあり、アイデアのある所にはアイデアがあるものの、そのテクノロジーとアイデアの両方が存在して結び付くケースがいか

もっとみる