ブルグミュラー:25の練習曲 から 第10番「やさしい花」
意外と弾きにくい曲でした。
ノン・ペダルです。

PWANightに参加してきました!その1-オフライン対応とServiceworker

こんにちは。
昨日PWANightというPWAを学ぶ勉強会&懇親会に行ってきました。
初めての勉強会だったのですが、なかなか楽しめました。
で、僕もPWA使っているので意外と話せること多いなと思い、次回以降LTで登壇しようかなと思いました(次回のLT枠が次の日の朝には埋まっていて驚きました。人気!)。
その時に話す内容は今日の内容と結構かぶったりするかもー。

PWAについて簡単に

PWAとは、

もっとみる

グラレコの筋トレ#362

誰が言ったか「上手くなりたきゃ筋トレ(練習)しろ」。そんなこんなで下手なりに毎日グラフィックレコードの練習を始めました。

今日のグラフィック

今日グラフィック化したのはこちらの記事↓

やっていること

①NHK NEWS WEB EASY の音声を毎日1記事グラフィック化する。
②1回しか聞いてはいけない。
③紙1枚に収めること。

 紙と筆記用具さえあればあなたも今日から始められます。

もっとみる

スイッチヒッター(左打ち)挑戦 vol.1

僕は3年前からスイッチヒッター(左打ち)に挑戦しています。

去年は27打数10安打 打率.370でした。

左打ち、楽しいっす!

今では右で振るより左の方がしっくりきているので本当野球人生、何が起こるかわかりません。

きっかけはキャプテン本村の「左の方がスイング綺麗やなぁ」でしたが実は高校野球部時代にも監督に同じことを言われたことがありました。

でも当時は早くレギュラーになりたかったので慣

もっとみる

相手理解の先に、自分を表現する練習

言葉が出てこないこと、がある。
質問をもらっているのに
答えのようなものはあるのに
反応することを辞めている状態。

いわゆる、フリーズ。

特にこの1年くらい、
たくさん指摘してもらってきた。

昨日もセッションの途中で、
「そこで意見を引っ込めるから
話し合いにならない」、と。

起きていることの構図は、こんな感じ。

①相手の想い・意見を聴く。

②私は、すこし違和感を感じる。

もっとみる

グラレコの筋トレ#361

誰が言ったか「上手くなりたきゃ筋トレ(練習)しろ」。そんなこんなで下手なりに毎日グラフィックレコードの練習を始めました。

今日のグラフィック

今日グラフィック化したのはこちらの記事↓

やっていること

①NHK NEWS WEB EASY の音声を毎日1記事グラフィック化する。
②1回しか聞いてはいけない。
③紙1枚に収めること。

 紙と筆記用具さえあればあなたも今日から始められます。

もっとみる

上手くなるにはナニが必要 中級編②

第二回はズバリ『得意と苦手を知る』である。

 これは今現在の自分を見返すという部分ではとても重要になる。この二つを再確認すれば自分がどんなサッカー選手であるのかがよく分かるだろう。

 得意からいってみよう。それは好きなプレイであったり、自分の自慢の武器であったり、練習して得た自信を持っているモノだったりと色々あるかと思う。

 ではまずそれがなぜ得意になったのか再確認してみよう。そのなぜが分か

もっとみる

ブロックの情報一覧表

今までに掲載した情報を纏めました。

◆初級は手の形や出し方、タイミング等、
 自分自身にフォーカスしている

◆中級は位置取りや2~3枚を合わせる等、
 自チーム側にフォーカスしている

◆上級はブロックシステムを理解し、レシーブとの連携や
 相手の特徴に応じたプランを構築し実践等、
 相手にフォーカスした上で自チーム側のシステムと
 連携させる事にフォーカスしている
 ※レシーブシス

もっとみる

「毎日更新」やめます。

できる限り毎日noteを書こうと思っていたけど、今となってはそれが本当に自分のやりたかったことなのかわからない。「毎日更新」をつづけて、私はでがらしになってしまった。

勉強法でも修行法でも、人には「合う合わない」がある。だから、ただ私には「合わなかった」ということなのだろう。

私が感じている限り、noteでは「毎日更新すること」が推奨されている空気がある。日単位で連続投稿をするとがんばりを褒め

もっとみる

質をつくるのは量

体が飛び上がるほど、汗が飛び散るほど力を込めて弾くピアノの音は、心をつつく。

先日、プロのピアニストの方の演奏を目の前で聴く機会があった。合唱の伴奏としての演奏なのだが、もはや伴奏ではなかった。競演だ。

「あなたたちはどう歌いたいの?」という問いを、合唱団に投げかけていた。

音楽を作り上げるまでにかけている時間が違う

素人合唱団とプロピアニストとでは、そもそも圧倒的にキャリアが違うので、単

もっとみる