月の人

ポップカルチャーは裏切らない 僕は社会に適していない

RADWIMPSにできることはまだまだある〜8.14「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」@マリンメッセ福岡

台風10号をギリギリ押しとどめて決行されたRADWIMPS福岡公演を観た。昨年末リリースの『ANTI ANTI GENERATION』を引っ提げてのツアー。開演前から前方観客エリアを取り囲むように伸びる長い花道に、さすがこの規模を掴みきってるバンドだなぁと唸ってしまう。「PAPARAZZI」の歌詞にもある通り、10余年アリーナツアーをやってきたその経験値は伊達じゃない。1曲目「Tazuna」からウ

もっとみる

この1年間でよく読んでもらえたnoteたち

100記事目。ここ1か月、急にいっぱい書いてたのはnote書き始め1周年の今日に100記事目を間に合わせるためなのだった。この1年間で読まれた数の多いのを10個載せたこの投稿を、1年の記念碑noteとする!view数トップ10。

⑩『こぐま座α星より愛をこめて~Base Ball Bear『ポラリス』 』(2019.2.2 投稿)

新譜を聴くのを先延ばしにしがちだからディスクレビューは書きづら

もっとみる

8.11 超歌手・大森靖子 2019 47都道府県ツアー「ハンドメイドシンガイア」@佐賀RAG・G

大森靖子メジャーデビュー5周年を記念しての47都道府県ツアーの佐賀公演を観た。浅からぬ縁のゆるキャラ、ガタゴロウが入場ゲートを彩ってくれていたのも佐賀らしい。しっかり観たのは初めてだったけどワラスボ抱えてるのね。ライブ本編でも登場して、「7:77」をゆるナナちゃんと披露してくれていたよ。その後はひとしきりすべり倒して帰っていったけど、「ZOC実験室」を「ガッタ実験室」に変えて退場曲にするVIP対応

もっとみる

7月のいだてん

第26回「明日なき暴走」
田畑編ではあるものの、金栗編から続くシマちゃん→人見絹江のリレーが完成する回。大根仁監督が10年に1度出るか出ないの仕上がり(モテキ第6話「ロックンロールは鳴り止まないっ」以来とのこと)と讃えていた通り、ちょっとどうかしてるレベルの回だった。何度となく鳥肌が立った。菅原小春の演技というのは、今まで観たことない種類だな、と思う。何というか、そこに"居る"演技なのだ。憑依とも

もっとみる

2019年夏ドラマ雑感

もう中盤に突入しつつあるけど、この夏のドラマについてのこと。

・だから私は推しました

まだ3作目なのに、名作連発のNHK「よるドラ」。オタク文化にフォーカスあてるのは局の得意技だけど、今作は面白さに寄せるより思いっきりサスペンスに振り切ってあって。このご時世、アイドルを描くならストーカーか共依存かってことになるんだろうなぁ。第2話の厄介オタクのところとか、なんともザワッとした。ああいうのがマジ

もっとみる