【ボクシニ 〜20年のキセキ〜】20

いよいよ管を抜く
身体には3本の管が刺さっている


右胸部側面に1本
右腹部側面に1本
左胸部側面に1本


『今回は右腹部側面の管以外の2本を抜きます』


と、医師に伝えられすぐ準備が始める
ベットの回りが慌ただしくなる…
僕はただ待つだけの不思議な光景が広がっている…
ベット周辺の準備が完了し
医師がハサミを手に僕に歩み寄る


「何するんだろう?」


と、思った矢先に医師が


『これから管と腹部をつないでる糸を切ります。その後管を抜いてから、抜いた箇所を縫合します。』


唖然とする僕を尻目に
管と腹部をつないでる糸を切り始める


「痛いっ! 気持ち悪いっ!」


今まで味わったことのない感覚に戸惑いを隠せないでいたが、全ての糸を切り終わると医師は看護師に


『一気に行くからな』
『ためらうなぁ、ためらうな〜、ためらうなー…』


そう言いながら段々と語気を強め


『いくぞ!せーの…』


ズルズルズルズル …


何とも言えない感触が身体の中を走る


医師は抜いた管を僕に見せないように
すぐ隠そうとした
つい目で追ってしまった僕は


「こんなモノが身体の中に入っていたのか…」

その管の長さを見て呆気にとられていると医師から


『さぁ、もう一本いきますね』


・・・その日の夜・・・


「このまま僕はどうなってしまうんだろう…」


自分の身体に入ってた管を思い返し
幾度となく襲ってくる不安と絶望に
この日は希望がかき消されて
身体の不自由さがなくなってきた喜びも
不安と絶望と共に
暗闇に吸い込まれていく…



つづく



#ボクシニ
#20年のキセキ
#小説
#入院生活
#不安 #絶望

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

注連内博之

鍼灸師・スポーツトレーナー・治療家 本を読むことが苦手、というかできない… そんな畑違いの自分が小説に挑戦しました。 内容はノンフィクションです。 ぜひ一読ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。