島田つき

島田つき。水面と水底をたゆたう物描き。 「絵描き」と「物書き」で物描き(ものかき)です。絵本「その先と」小説「狐と狸の迷画座劇場」等販売中。島田つき公式サイトhttp://simadatuki.iza-yoi.net/

『楽園』6~悲しくて優しい物語~

前のページへ

 ノアエディション(フリーペーパー社)に雇われている前畑滋子の元に、中年女性・敏子が訪ねてくる。敏子には夫はおらず、40歳を過ぎてから産んだ一人息子・等を事故で失ったばかりだった。敏子は等には超能力があったのではないかと思っており、滋子に捜査を依頼に来たのだ。
 等が生前に描き残した絵には不思議なものがあり、それがサイコメトラー能力のなせるものではないかというのだ。
 滋子はこれを

もっとみる

『楽園』5~悲しくて優しい物語~

前のページへ

 ノアエディション(フリーペーパー社)に雇われている前畑滋子の元に、中年女性・敏子が訪ねてくる。敏子には夫はおらず、40歳を過ぎてから産んだ一人息子・等を事故で失ったばかりだった。敏子は等には超能力があったのではないかと思っており、滋子に捜査を依頼に来たのだ。
 等が生前に描き残した絵には不思議なものがあり、それがサイコメトラー能力のなせるものではないかというのだ。
 滋子はこれを

もっとみる

『楽園』4~悲しくて優しい物語~

前のページへ

 ノアエディション(フリーペーパー社)に雇われている前畑滋子の元に、中年女性・敏子が訪ねてくる。敏子には夫はおらず、40歳を過ぎてから産んだ一人息子・等を事故で失ったばかりだった。敏子は等には超能力があったのではないかと思っており、滋子に捜査を依頼に来たのだ。
 等が生前に描き残した絵には不思議なものがあり、それがサイコメトラー能力のなせるものではないかというのだ。
 滋子はこれを

もっとみる

漫画「森のアイちゃん」DL販売開始

漫画「森のアイちゃん」のダウンロード販売を開始しました。

2018年12月「島田つきのとっておきの怖い話」展示で発表したものです。

あの時の原稿に手を加え、カラー表紙もつけました。

黒ねこカンちゃんが、まさか(?)のホラー漫画化!

「森でアイちゃんに遭ったら、おしまいなんだって」
「となり町のタマちゃんは、食べられちゃったんだって」

口々に猫たちがささやく噂。でも、カンちゃんは信じません

もっとみる

黒ねこカンちゃんのちょっぴり怖い展示

6月14(金)~20日(木)、鳥取県境港市にある『海とくらしの史料館』で、展示をさせていただきます(無料)✨😌✨

http://umikura.com/

今回は『ちょっぴり怖い展示』ということで、年末にやった『とっておきの怖い話』展示からピックアップした内容です👻
ストーリーモノはなしのつもりでしたが、漫画『森のアイちゃん』は展示しようかと。やっぱり、アイちゃん系の絵は、本編を観たうえで
もっとみる

『楽園』3~悲しくて優しい物語~

前のページへ

 ノアエディション(フリーペーパー社)に雇われている前畑滋子の元に、中年女性・敏子が訪ねてくる。敏子には夫はおらず、40歳を過ぎてから産んだ一人息子・等を事故で失ったばかりだった。敏子は等には超能力があったのではないかと思っており、滋子に捜査を依頼に来たのだ。
 等が生前に描き残した絵には不思議なものがあり、それがサイコメトラー能力のなせるものではないかというのだ。
 滋子はこれを

もっとみる