早慶戦MOM

自己紹介&本目的

はじめまして

早稲田大学ラグビー蹴球部 4年 岸岡智樹 です。

上記写真は第95回早慶戦MOM受賞の際のものです。

今回このnoteを使い自分の持ちうるラグビーの知識、技術を発信させていただきます。

内容に関してはかなり高度な話まで踏み込み取り上げていければと思っています。

Twitterのほうで質問を募集しているので解説してほしいことや、疑問点などがあれば質問してください!!是非フォローも!!


〇本目的

多くの方からの意見で始めようと思ったきっかけは?という声をいただきましたのでここで詳しくこの目的に触れていきたいと思います。

まずTwitterの質問箱もそうですがこのnoteを利用して発信する目的は3っあります。

・新しいチャレンジ。

・アウトプットすることに価値を覚えた。

・ラグビーを盛り上げたい。

です。


「新しいチャレンジ」

まず自分自身を振り返ると、自分自身はラグビーエリートではないですが、ラグビーエリートを育成する環境にずっといることができ、恩師と呼ぶにふさわしい先生方に出会うことができたなと思いました。ラグビーをしている人(大学生以下向け)の中にはそういった環境にいたくていれない人が多くいるのでは?と思うようになりました。ラグビーをうまくなりたい、知りたいなど情報を欲している人が実際に、海外の選手やトップリーグの選手などにコンタクトをとることは難易度が高いと考え、それに比べれば学生の立場である僕なら少しはそのハードルが下がるのではと考えました。また、現在このような活動をしている学生はいないなと思ったこともは、自分のモットーであるoriginalityをくすぐる要因でした。そのような人が多くいる現状に対して自分自身が何か一つでも役に立ちたいと思ったことが新しいチャレンジへの第一歩です。

「アウトプットすることの価値」

そんな思いを持つようになり、ちょうど教育実習という人生を変えるようなチャンスがやってきました。そこで出会った教員という職業。それはとてつもなく尊い職業でした。自分自身が実習生という立場で人間として一人前でないにも関わらず、生徒は一人の先生として接してくれました。科目は数学を教えさせていただきました。学問の特性上、回答が必ず出てくるものに対して、教えるということだったので、容易な部分があったと思います。ですが、部活動の方の指導もさせていただいた際に、多くの生徒からラグビーの知識、スキルについての質問をいただきました。自分の持っていることを伝えるうちに、人に何かを伝える難しさ、楽しさ、アウトプットする価値、意味合いに気づきました。ある種、数学とは異なり、正解のない答えを追い求めるラグビーという学問についてアウトプットできる環境が様々な場所に不特定多数の方に向けてあればいいなとそこで感じました。その結論が、TwitterやInstagramなどのSNS、それからブログのようなサービスでした。

ラグビーを盛り上げたい」

(2015年ワールドカップの南アフリカ戦の歴史的快挙の瞬間)

上記の写真を覚えている人は多いのではないでしょうか?今年はラグビーワールドカップ2019日本大会ということで日本中でますますラグビー普及運動が活発になっています。ラグビー協会の方や、トップリーガーを中心に多数のイベントを設けたりしていることを目の当たりにした際自分にできることなど何もないのかなと落ち込むこともありましたが、自分自身の力(影響力)が少しでもあるのならばそれを使わないほかはないなと思うようになりました。


これらの理由からnoteを使い情報発信をする決断をしました。

一番の決め手は皆さまの後押しです。いち大学ラガーマンがこういったことをすることにより、意味があると感じていただける方が何人いるかはわかりませんが、一人でも僕の記事を読んで下さる方がいて、読みたいといって下さる方がいる間は続けたいと思っています。



〇余談

初めての投稿になるので少し張り切っていきます!!

まず自分自身のことをもっと知ってほしいので、詳しく自己紹介をさせていただきます。

出身は大阪。枚方で育ちました。

10歳(小学5年)でラグビーに出会い、今まで11年間楕円球を追いかけ続けてきました。出会いのきっかけは家族、親戚に関連の人はいなかったのですが、ある日お母さんが(よくある)地方誌の1ページにスポーツクラブの体験コーナーをみて「なにか初めてみないか?」という日常的な会話からでした。体験後は見る見るうちにラグビーの魅力にとりつかれました。

中学校に上がるときもラグビーを部活動として続けることを決意したことが人生で最初の分岐点だったと思います。


その後名門東海大学付属仰星高校に進学

高1…メンバーにはいることはかなわず。チームは全国制覇を成し遂げる。                                高2…SHへポジション転向をし、花園出場(ベスト8)         高3…SOへ戻る。                         春 全国選抜大会優勝(近畿大会優勝)、7人制(私学大会優勝&全国大会大阪府予選優勝)                         夏 Asics cap(全国7人制大会)優勝&MVP、国体優勝(大阪府代)  冬 花園優勝、高校日本代表候補​

(第95回全国高校ラグビーフットボール大会優勝)

今振り返ると史上2校目の三冠達成というタイトルがとても懐かしく感じます。本当に今では自慢なのですが、高校三年次の一年間は無敗ということになります。自分でもすごいです。

その影響もあり、大学でラグビーといえば関東というイメージと、やはり学業もおろそかにしたくはなかっため高校時代から掲げていた文武両道を大学でも大切にしたいと思い、さらに高いレベルでと考えたときに早稲田大学にたどり着きました。

無事入学することができ、現在早稲田大学ラグビー蹴球部に所属しています。ラグビーに携わる方の何か一つでも役に立つため、また自分自身の可能性を広げるために日々奮闘しながら投稿していきたいと思います。

最後になりますが、このブログ開始にあたり多くの方からメッセージをいただきました。とても励みになりこうして形として始めることができました。今後とも温かく見守り、そしてご声援よろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただきありがとうございます。 一人でも多くの方に読んでいただき、ラグビーをより楽しんでいただけるようこれから頑張っていきます。 コメントお待ちしています!! よければスキもお願いします。

次も読んでください!
78

岸岡智樹/Kishioka Tomoki

枚方RS/蹉跎中学/仰星高校/早稲田大学/Rugby Player

その他

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。