(続続)ラグビーワールドカップ…ジャパンが日本にもたらしたもの…

2015年ラグビーワールドカップジャパンが南アに勝利した時、そしてその3日後南アより世界ランクが下のスコットランドに大敗した時、ジャパンの勝利はまぐれではないかという当然と言えば当然の議論が起こりました

もうすでに様々な場所で議論されていることだとは思いますが、これについて、ぼくの意見も書きたいと思います

ラグビーはタックルや体当たりを繰り返す、非常に荒々しいエキサイティングなスポーツではあり

もっとみる

ラグビーワールドカップに浮わつく女の覚書①抽選に当たっちまったことが全ての始まり

11試合。
22席。
100万円。

それぞれ、2019年ラグビーワールドカップで、私が観戦する試合の数、その席の数(1試合2席)、そして払った金額のこと。
全て、自分が申し込んだ、去年の先行抽選で当たったものだ。

試合の内訳は次の通り。

予選5試合。
決勝トーナメント6試合。

大好きなラグビーで、一生に一度しかない日本開催(このキャッチコピーは誇張ではない)。
3試合くらいは行きたいなーと

もっとみる

(続)ラグビーワールドカップ…ジャパンが日本にもたらしたもの…

2015年ラグビーワールドカップで見せたジャパンの大躍進

それを支えたのは日本男児よりも日本人男児たる外国人選手でした

(ぼくはこの外国人選手という言い方自体奇妙で違和感ありありなんですが…)

彼らの献身的なプレイ貢献がなければジャパンはジャパン足りえなかった

それは南ア撃破の時に試合を見ていた方、誰もが否定できないことでしょう

日本代表が外国人であることへの異論はさておき、2015年の

もっとみる

ラグビーのゲーム構造(攻撃編)

さて、前回のnoteでは、

①ラグビーの基本的な概要

②ルール

③ラグビーというスポーツについて

の3本立てでお送りしました。本当のイントロダクションです。

こんな可愛いルール紹介動画もあります。試合会場で流れているやつです。

結論として言えることは、

「ラグビーのルールを理解しなくても、原則さえ理解すればゲームを理解することができる」ということです。

では、どのようにラグビーのゲ

もっとみる

CHANGE THE WORLD Vol.125

1.はじめに

 おはようございます。編集員K2号です。

 暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

 SOLTILO株式会社が、「International Football Development Association(IFDA)」が主催する

「Football Heroes Awards」のサッカー界への教育の貢献部門にノミネートされました!

 http://www.foot

もっとみる

ラグビーワールドカップ…ジャパンが日本にもたらしたもの…

ラグビーのワールドカップを9月に迎え、静かにぼくの気持ちも高揚しています

2015年、南アを撃破した頃に比べて総合力が上がっているものの、もう本番まで時間がないとなると心配なものですね

2015年大会のときには、ぼくはパシフィックリムの試合を一切観ておらず、初めて日本代表の試合を見たのは南ア戦でした

現在2019年の日本代表があの時のジャパンを超えているかというと正直判断がつきません

20

もっとみる

ラグビーというスポーツについて

こんにちは。初note投稿します。よろしくお願いします。普段はマリノスとベイスターズを追いかける毎日を過ごしております。

 さて、ラグビー・ワールドカップ開幕まで残り31日となり、徐々に盛り上がりをみせている日本列島。池井戸潤氏原作の「ノーサイドゲーム」を観て、ラグビーというスポーツに興味を持った方も多いのではないでしょうか。

アストロズのみなさん、カッコイイ!!!

しかし、ラグビーというス

もっとみる

最高の芝生が勇者を待つ

いよいよ来月に迫ったラグビーワールドカップを前に、日本代表は網走市呼人の「網走スポーツ・トレーニングフィールド」で28日まで合宿を行う。昨日網走入りしたが、女満別空港までその様子を見に行ってみたのでまずそちらからご紹介。

ラグビーW杯日本代表が網走入り 強化仕上げへ、8強目指す:北海道新聞 どうしん電子版
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/335742

もっとみる
マウスいじったっけ スキ入っちゃって もうダイスキさ
1