吉田智彦写真展『巡礼の道 PART 01 | SANTIAGO to 熊野』2019/7/17~31 @ego-Art & Entertainment Gallery

7月にやる巡礼のプロモーションムービーを作りました。
これから展示する作品作りの追い込みです!

1997年、旅の中に人生の本質を見出そうと北米を北極海へ流れる大河1600kmを旅した。しかし、北極海へ達した時、充実感と達成感はあったものの、人生の本質を掴むことはできなかったぼくは、途方にくれた。そんな時、心に引っかかったものが、いにしえから続く旅「巡礼」だった。
2000年に、カトリックの聖地、サンティアゴ・デ・コンポステーラへ続く「サンティアゴの巡礼路」約850km。帰国後、熊野三山(本宮大社・速玉大社・那智大社)へ至る、紀伊半島を包み込むようにはりめぐらされた「熊野古道」(紀伊路ー中辺路、小辺路、大辺路、伊勢路、大峯奥駈道)約1000km。
スペインと日本の巡礼路を歩いた、旅の記憶。

年内に、『巡礼の道 PART 02』を開催予定。いったい、どこへ行くのか?

場所:ego-Art & Entertainment Gallery
   東京都中央区日本橋本町4-7-5
期間:2019年7月17日(水)〜31日(水)
時間:土日月13:00〜18:00 水金19:00〜22:00 (休み:火木)
入場料:500円(フリーソフトドリンク込)
※アルコールの持ち込みOK(持ち込み料別途500円が必要です)
イベント:吉田智彦ギャラリートーク
日時:7月17日(水)19:00〜22:00
7月28日(日)11:00〜13:00
※詳しくは↓
https://egox.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

吉田智彦

フォトグラファー/ライター/絵本作家。人物や旅、伝統文化などを題材に、真摯に生きる人々の姿を伝える。スペイン・チベットなど、国内外の信仰の道を歩く。農村歌舞伎や保養キャンプを撮影。雑誌『田舎暮らしの本』(宝島社)で「働く人」を連載中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。