熊野のまっくらな山の中で

熊野の山の中でテントをはる
夜,たき火を囲んでその周りにシートをひいてゴロゴロする
曇っていたので天の川は見えないが
おりひめ、ひこぼしや、火星、白鳥座などはみえるときもあった
濃い霧が発生して、空に向けて懐中電灯をつけると、その水の粒が見える
真っ暗なのに、空が下に落ちてくるように感じる

話しているうちに空が上へと上がったような気がする
霧がなくなったのだ
虫の声がきこえはじめる
霧が発生して

もっとみる
ありありありがとう!
2

母を連れての家族旅行

昨年から恒例となった年に一回の母を連れての家族旅行に8/11から行ってきました。

#奈良#唐招提寺#橿原神宮#藤原宮跡#キトラ古墳 などを観光して #和歌山 経由で #熊野 までのドライブをした二日間。
三日目は #岡山 にある嫁さんの実家に泊まり、四日目は #琵琶湖 に寄り道して帰宅。

行きも帰りも、予定したルートでは事故渋滞があって、何度も迂回しました。

奈良は

もっとみる

足し算ではなく掛け算で ~食の戦略と6次産業~

1、6次産業

いきなりですが、「6次産業」という言葉を聞いたことはありますか?

「1次産業~3次産業というのは何となく聞いたことはあるけど、4次?5次? ましてや6次となると、AI関連か何かですか?(←難しそうなものはAIと答えておけば何とかなるんじゃないかと思う人)」

違います。

6次産業とは、ずばり「1次×2次×3次=6次」です。

…?

詳しくは農林水産省のこちらのページをご覧くだ

もっとみる

闇の中の光 ~地域おこし協力隊考察~

1、目覚まし時計としての協力隊

この記事では、地域おこし協力隊の1つの役割と、実際に試行錯誤した方の事例をご紹介していきます。

地域おこし協力隊は、構造的な課題をいくつか抱えています。そのうちの1つが、地域や行政との関係でしょう。

あえて極端に単純化すれば、関係者は次の3者です。

◆協力隊員
◆地域住民
◆行政担当

このうち、3者とも「地域再生」に熱量が高く、何でも協力し合ってお互いの立

もっとみる

吉田智彦写真展『巡礼の道 PART 01 | SANTIAGO to 熊野』2019/7/17~31 @ego-Art & Entertainment Gallery

7月にやる巡礼のプロモーションムービーを作りました。
これから展示する作品作りの追い込みです!

1997年、旅の中に人生の本質を見出そうと北米を北極海へ流れる大河1600kmを旅した。しかし、北極海へ達した時、充実感と達成感はあったものの、人生の本質を掴むことはできなかったぼくは、途方にくれた。そんな時、心に引っかかったものが、いにしえから続く旅「巡礼」だった。
2000年に、カトリックの聖地、
もっとみる

観光ツアーじゃ絶対に不可能な鬼プラン?!(笑)ド真面目に「大人のための超濃厚★日帰りツアー」を確立、提案致します!

FM79.7 ラヂオきしわだ
「吉本健一。のお志事RADIO」
6月24日(月)24:00の放送テーマは…
 
━━━━━━━━━━
実録!
大人の遠足ツアー
-奈良・和歌山、熊野界隈-
━━━━━━━━━━
 
をお届けします!
 
 
 
■5月31日生まれて初めての体験をしました■
 
 
 
5月31日(金)
大阪の小さな駅に
集合した我々は
 
マニアですら
未だかつて
体験したことのな

もっとみる

熊野にて

いつ、何度来てもいいなと思う熊野の旅。
DRIPTRIPを始める前(つまりはごく最近)までほとんど縁もなく、ただ「名前」でしかなかった土地が、近頃は自分にとってどんどん近しいものになっている気がします。

でもそれってかなり不思議なご縁のような。
「面白そう、楽しそう」で始めた取り組みが、思いもかけない広がり方をして。
自分でも予期せぬ方向にするすると進んでいくのは面白い。

特に、ここへ来て予想

もっとみる

「対談《熊野》太平記」 神坂次郎 梅原猛

梅原猛さんは、中上健次さんとの対談もあった気がします。熊野を好きな人ですね。歴史学的な文脈の中では批判されることも多い人物ですが、土地に対する感性というのは独特のものがあり、私は好きです。

本書では、「太平記」というくらいですから、中世を中心に、海も森もどこか暗い色をしている熊野の地の伝承について語っています。わかりやすいのは、「ブラタモリ」でも触れられていた補陀落渡海あたりでしょうか。釘で打ち

もっとみる

『里恋詩くて・・・熊野・高野』紀伊を愛した怒涛詩人さとちゃんを忘れないために⑦2005/12/18~12/24

さとちゃんがYahoo!ブログに書き残した詩や文章
そしてさとちゃんの
紀伊の山里の暮らしを愛する心を記憶するために
ブログ『里恋詩くて・・・熊野・高野』の全記事(2935)に
コメントをする
*タイトルを少し変更しました

観想詩ー週観・12/25~12/31

2005/12/24
観想詩1
一郎
No title
絵手紙・・・見ているとこちらの顔もゆるんできます。ウインクしているようにも見

もっとみる

2019.5.22

なんで紡ぐのか。

なんでそんなに織りたいのか。

自然愛護 てしごとの復興 自然素材がいい 衣の自給。。。

わかりやすい社会的にイケているであろうことばのほうがわかりやすいし伝えやすいのか。

でもどれもピンとこない。。。

なんでだ?なんでだ?って想ってみたら、『ただやりたいだけ』理由がないことが判明しましたー

わたしが、わたしのために、わたしのしたいことをした場合どうなるか、みてみよう。

もっとみる