【Day20】スペイン巡礼〜完璧な朝

カミーノ巡礼も20日目。夏休みだったらお母さんから「そろそろ宿題は終わったの?」って聞かれる頃だ。因みに自分は宿題は全て7月中に終わらしちゃうタイプだった。一言日記を予め書いた夏もあったのは秘密。

巡礼で自分に課した宿題の結論と答えはまだ出ていない。大人になってだらしなくなったのかな、少し焦り始めてもいる。結論は出るのか、答えは見つかるのか。

今日は距離短いし余裕でしょwって勝手に思い込んで、

もっとみる

Continuation of dream come true

巡礼から帰った

まだ続くけれど、、

ずっと行きたかったところ

やっぱり、、

行った場所は正夢だった

引いてみていた地形
夢みたあの時、あの場所かなって思って、調べた場所は違っていて
保留にしていた

そして、あの地形の中にあるスポットや海、神社、太陽、朝陽、、
行く先々、すべてが、あの時夢で見たそのものであって
本当にこの瞬間ここに居なかったら、ここに来なかったら、
あの道を間違えなかっ

もっとみる

【Day19】スペイン巡礼〜巡礼とその先のこと

な、な、、なんと今ならお値段半額ッ!半額、このお値段デスッッッ!!いよいよカミーノも残すところ半分ほどだ。

やっと半分きた…って安心感と、あと半分しかない寂しさと少しの焦り。残りのカミーノの間で自分の問いへの結論は出るのか。

歩きながら、帰国後に大学院に復学して修士号を取ったあとどうしようか…って考えた。
自分には元々遺伝性の病気があって、その影響で脳に腫瘍がある。まあ、あれだよね『難病』

もっとみる

【Day18】スペイン巡礼〜バカみたいな直線と風

だぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今日は疲れた…。張り切りすぎた。何がこんなに歩かせたのか分かんないけど。

今日は直線に泣かされた日。ブルゴスを出て『退屈の道』と呼ばれる区間に入って数日。昨日までは「空も広くて全然退屈しないじゃん」なんて余裕だった。

けど今日はその退屈が現れた。歩いても歩いても同じ景色の牧草地をぶち抜いた直線。日陰も商店もない“退屈”な道が続いていた。

ガラケーに

もっとみる

【Day17】スペイン巡礼〜神のご加護ってやつ?

フランスのサンジャンの村を出発してから随分と歩いてきた。気がつけばサンティアゴまで半分ほど。

これまでの行程、身体の調子や気分の波というのがあった。今朝は一昨日、昨日の疲れが取りきれず波が底から上がろうかなというところ。
いつも通り暗い中準備して出発した。

半袖では寒かった今朝、太陽を待ちわびながら歩いていると後ろから夜明けが始まる。待ちわびていたのもあってか、今日の朝焼けは綺麗に見えて少

もっとみる

【Day03】スペイン巡礼〜夏が来た

明日は晴れ予報だ。そんなワクワクでビールを飲んで寝た昨夜。朝起きると重い身体に加えて二日酔い、それに腹痛も。勿体無いからとアルベルゲの朝食のパンとオレンジジュースを詰め込んで、食べきれないケーキは紙に包んで出発だ。

スペインの朝は肌寒い。まだ陽が昇り切っていない7時過ぎ、朝陽を背中に歩き始める。サンティアゴは西の方角にある。つまり毎日朝陽を背中に歩き続ける。バックパックにぶら下げた洗濯物がよく乾

もっとみる

【Day02】スペイン巡礼〜青空が見えた

泊まっていたアルベルゲに響く歌声で眼が覚める朝6時。毎朝この時間に賛美歌を歌うらしい。昨日の疲れが嘘のように身体が軽い、スッとした目覚めだった。

なんて言うつもりだったけど、実際は身体が重く頭も少し痛かった。雨と寒さの中のピレネー山脈超えが堪えた。この生活が1ヶ月続くと思うと不安になった。いつもワクワクよりも不安が先に来る性分は巡礼に来ても変わらない。

今日も雨だ。雨らしい景色を楽しもう、なん

もっとみる

【Day01】スペイン巡礼〜雨のピレネー山脈超え

朝5時半頃、周りの人たちが出発準備をする音で自分の目覚ましよりも少し早く目覚める。スペイン巡礼の朝は早い。

緊張と高揚感でなかなか寝付けなかったわりにはスッキリした目覚めだった。ドミトリーの電気も付いて自分も準備を始める。靴下を履いて、寝巻きを着替えて眼鏡をかける。いつも通りの朝なのになんだか楽しく思えた。これから800 kmの道のりを歩く朝だからかな。

バックパックにレインカバーをか

もっとみる