ランニングトレーニング管理シート(有料)

市民ランナーにお勧めするトレーニング管理手法」という記事(下記、参照)で述べたように、通り限られた時間の中でトレーニングすることを余儀なくされている市民ランナーは、出勤前、あるいは、帰宅後、場合によっては昼休みに「30分間から1時間程走って終わり」さらに、その殆んどが「毎日同じようなペースでのランニング」という内容でランニングトレーニングを行なっているのではないかと推察されますが、Fosterは、このような単調なトレーニングを続けることでオーバートレーニング(症候群)を引き起こす可能性があることを示唆しています。

この続きをみるには

この続き:1,987文字/画像6枚

ランニングトレーニング管理シート(有料)

野口克彦

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

野口克彦

マラソン/トライアスロン

マラソン、トライアスロン、等の持久系スポーツに関する情報を提供しています!
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

リンクのYOUTUBEがみれないようです。
ご連絡ありがとうございます。
対応遅くなり申し訳ありません。
取り急ぎ修正させて頂きましたがご確認出来ますでしょうか。
念のため以下のリンクもご確認下さい。
https://youtu.be/LqVkG7zGJO4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。