takejune

Fablic,Inc. Co-Founder / Designer / Product manager / Angel Investor FRILというアプリを作っていました。スタートアップのよろず相談受け付けています。

仕組みをハックすること、マーケティングの型を発明すること

以前、このエントリで次のようなことを書きました。

これはCPI(1インストールあたりの広告費)が10円未満という、過去最高のパフォーマンスを記録したバナーだ。一見なんの変哲もないこのバナーが非凡な成果をあげた理由は、また別のエントリで解説する。

すっかり忘れていたのですが、CMの記事がバズってふと思い出したので軽くまとめておきます。半分は獲得効率の話、半分は思い出話です。

😈 ハックする方

もっとみる

だれも教えてくれない、はじめてのテレビCMでやるべきことリスト

📺 スタートアップとテレビCM

WebサービスやアプリのテレビCMも今では珍しくないけれど、設立後数年の未上場ベンチャーが当たり前のようにそれをやるようになったのは、ソーシャルゲームが生まれ、スタートアップが資金調達しやすくなったここ数年の話です。

歴史が浅く、PDCAを回している会社が限られていることもあってか「CMの知見」はスタートアップの間であまり出回っていません。直近でCMを実施した

もっとみる

デザイン系学生からの質問に答えていきます

このエントリは、前回の続きです。

今回の授業にあたり、ひとつ工夫をしました。Googleフォームでリアルタイムに質問を受け付けることにしたのです。その結果、100件以上の質問が学生から寄せられました。

QRコードでURLを共有

盛り上がりました🔥

このエントリでは、当日答えられなかったことも含めて、いくつかの質問と回答を紹介します。

やっておくべきことについて

👩‍🎨 大学時代に

もっとみる

デザイン系学生のためのインターネット業界講座

このエントリーは?

先日、母校の名古屋芸術大学でデザイン学科の1-2年生に講義をさせて頂く機会がありました。各業界のデザイナーが週替りで担当する授業の一コマです。

何を話そうか迷ったのですが、そもそも学生はインターネット業界について知らないでしょうから、まずはそこから説明することにしました。そこで学生向けに現在のインターネット業界を説明する資料を探してみたところ、思ったようなモノがなかなか見つ

もっとみる

デザイナーとエンジェル投資の話 (いくつかの終わりと始まりについて)

前回のエントリー「デザイナーがスタートアップをつくりEXITするということ」を書いてから、執筆依頼/メディア取材/母校での講義などいくつかのご依頼を頂きました。予想以上の反響に驚いています。それに応える前に書いておきたいことがあり、準備に今日まで掛かってしまいました。

つまりこれは近況報告、いわゆる退職エントリというやつです。

Fablicと楽天を退任していました

2018年6月30日は、F

もっとみる

デザイナーがスタートアップをつくり、EXITするということ

2012年に日本初のフリマアプリ『フリル』をつくって6年、2016年に楽天にEXITしてもうすぐ2年が経とうとしている。少し時間ができたので、その間に学んだ色々なことを書き残しておこうと思う。

まずは僕自身の経験を通して、デザイナーが「スタートアップを創業する」というキャリア選択について記したい。これは起業を勧めるものではなく、あくまで個人的な手記ではあるけれど、学生や若手デザイナーの参考になれ

もっとみる