借金だらけのスワローズ、何が限界なのか?

 スワローズ、ジャイアンツ戦で3タテとか…内容見てもやはり

投手がキチンと抑えられない

ことによるもの。私個人としては、以前書いたようにヤクルトだけが球団を担うのが不可能になってきたんだとさらに思っていますね。

 とにかくスワローズに関しては、

投手陣

に関して長年問題が残り続けてきた。今見ても、キチンとゲームを作れる、安心できる投手がいない。ライアン小川にしても、チームの悪い流れに飲み込まれてしまってる感じがしますしね。

 今先発陣の防御率を見たんですが…

六点台って何?(笑)

とビックリ。数試合ならともかく10試合超えてる人がゴロゴロ。崩壊している、といっていいでしょうね。

 スワローズの投手陣がどうにもならない理由、それは

けが人が多く、補強もうまくいってない

からだと推測してます。

 名前みてもトレードや解雇になった選手と契約してやりくり、というかつての路線を踏襲していますがそれが機能してない。要は

しのぎ切れなくなってきている

のだと思う。

 こうなると、抜本的な改革が必要だと思いますが…私なら以前書いたように

1:本拠地移転によるインフラ整備

2:3軍制による人数増

3:資本増(=一社保有をやめる)

ことだと考えています。

 ヤクルト本体としては、東京という大都市に本拠を構えることが優先なんでしょう。神宮という本拠地もブランドとして育ってきた。それはわかる。ならば次善の策として二軍以下の施設をシッカリと作り、神宮は興行の場所、と割り切らねばいけない。あの場所は知っていますが、狭いし神宮球場自体が大きくない上に、球団所有じゃないから制約が多い。

 そんな中で、一軍というハイレベルな競争の場にふさわしいトレーニングの場所が提供できているのか。私はジャーナリストではないのでそういうところは分かりませんが、たまに見る範囲だとそれで大丈夫なの?という感じはしてました。

 だからこそ、今の惨憺たる状況は全然不思議じゃない。スワローズファンの皆さんには恨みはないし(笑)、単におせっかいな心配をしているだけだから勝手なこと言ってますが、

今のままだと改善する見込みが薄いよ

と危機感を感じる。

 本当に人を大事にするのなら、環境整備から。今、スワローズの環境が成績との因果関係において段々とつながりが太くなってきている、と感じるんですよね。それ位、他球団においてこうした環境整備に投資し始めている球団が出てきているから。スワローズもこういう変化に目を向けて、

やりくりという発想だけで終わるな

というトコに目を向けてほしい。そもそも、やりくりといっても

先の見込みが持てる

からその場を凌ごう、という発想は肯定されるのであって、その日暮らしや見込みがないなら言い訳にすらならないよ。今、スワローズはそういう形で迷走しているように映る。かつての強いスワローズを知っているだけに、歯がゆいしもったいないと思うんです。チーム愛があるなら、タブーは作らずキチンと決断してほしい、と感じています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

さすらいの・・・

歴史や経営・組織論を学ぶのが好きな元図書館ギョーカイ人。通常マジメツイートですがタマにハメを外します。サッカーや野球ツイートも時々。匿名なので基本、他人へ矛先むけません。相互フォローしない人ですが、それでもOKなら感謝!現在離職して通教で大学生やってます。

さすらいのスポーツひとりごと

主に野球やサッカーで、気になったことを書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。