見出し画像

僕がゲイだと、カミングアウトした理由

どうも、TAKESHIです👍

日々自分の性別に
まだまだ疑問を持つことがありますが。


僕はLGBT、
いわゆるセクシャルマイノリティーの

【ゲイ】

として生きています。



一般的には、
まだまだ隠して生きる人が
多い世の中です。


そんな僕が、
なぜカミングアウトをしたのか。


そんな想いを
したためてみようかと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーー


幼少期から、
どちらかと言えば
男の子(かつイケメン)ばかり
気になっていた自分。

高校〜大学くらいで
自分が当事者であると確信しました。


最初は、
よく分からず
何の違和感もなく
暮らしていたけれど。


世間ではまだ
LGBTへの理解が
あまり進んでおらず、

家族や周りの人たちが


「キモい」
「あり得ない」


というような声を聞き
そんな自分を隠すようになります。



しかし、
やっぱり学生の頃は
性に活発の時期だし、

社会人になると、
今度は結婚や将来を考えるようになる。


そんな中で、

・彼女や好きな女の子のこと
・性的な話(いわゆる下ネタ)
・結婚のこと


これらの話がされる時、
ぶっちゃけ自分は苦痛だった。


女性は可愛いと思うけど、
別に恋愛の対象ではないし、

LGBTの結婚なんて、
その頃はまだまだ夢の話だと
思ってたし。



何より、
どれだけ話を合わせる努力をしても
どうも噛み合わなくなってくる。

外に出れば、
常に嘘を付いている気分だった。


ゲイなんだから、
「ゲイバーとかゲイのイベント行かないの?」
って言われることもあるけど、

ぶっちゃけ僕は、
バーやイベントの独特な雰囲気や
盛り上がり方に馴染めなかった。



なかなか居場所が掴めなかった僕。



そんな時、
転機がくる。


いろいろなご縁から、
人やスクールに出会い、


・自分と向き合う
・自分らしく生きる


こんなことを
考えて取り組むようになった。



日々、

「自分らしく生きるとは…?」

と思う。



そんな僕がたどり着いた
1つの答えが、

「自分に嘘をつきたくない」

だった。



そして、
耐えきれなくなった僕は。


遂に、
話した。


信頼している仲間たちに。

そして、
好きな人たちと繋がっている
SNS等で公表した。



LGBTの当事者であることを。



はじめは、
凄く怖かった。

隠していた頃の身近な世間の声は、
まだあまり良い反応を聞かなかったから。



せっかく仲良くなった人たちに、

嫌われたり、
軽蔑されたり、

繋がりが無くなるんじゃないかと思った。


また、
独りぼっちの感覚に
襲われるのかと不安だった。


でも、
信頼する仲間たちは、
受け入れてくれた。


「いいじゃないか」
「人それぞれなんだから」
「それも個性だから」


そして、

「TAKESHIはTAKESHIのままでいいんだよ」
と。



とても嬉しかった。

生まれてはじめて、
自分の居場所が見つかった感じだった。


ありのままの自分で
自分らしく居られる場所を。



たしかに、
中には親しくしてくれるけど、
心の距離が離れていく人もいた。

白々しくなったというか。


でも、
そんなことは、
もう構わない。



僕は、
僕のままで生きることを
決めたから。


気に入らないのなら、
離れていけばいい。

僕も、
そんな人と関わるつもりはない。



僕は本当に有難いことに、

すでに、
僕のままで受け入れてくれる、

素敵な仲間たちがいるから。
素敵な居場所があるから。


僕を信頼して大切にしてくれるように、

僕もそんな仲間たちや居場所を、
信頼して、
ずっと大切に守っていきたいと思う。


ーーーーーーーーーーーーーーー


人はそれぞれ、
いろんな思いを持っている。

その中には、
絶対に話したくないことや
隠したいこともあるはず。


特に聞かれなければ、
特段話す必要もないことも
あるだろうけど。


でもそれは、
人それぞれだから。


あなたの好きにすればいい。



僕にはその生き方が
不向きだっただけだろう。


そんな僕も、
離れて暮らす家族には
LGBTであることはまだ話していない。
(SNS等も繋がってない)

彼らには
負担が大き過ぎるから。

ただでさえ、
破天荒な息子なのに(笑)

まぁでもその内、
話すんだろうけど(笑)



ただ、
今の僕のスタンスは、


異性愛者も同性愛者も関係ない。


そんなの、
ただの個性に過ぎないから。



だから、
LGBTであることも、

聞かれれば答えるし、
言う必要を感じなければ言わない。


それを言って、
何かの枠に当てはめられたり、
変な先入観を持たれたくないし。



僕が目指すのは、
壁の無い世界だから。


ボーダーレスな世界。


誰もがお互いの個性を
そのままに認め合って、
手を取り合える。

そんな世界。



まずは僕の身近な世界から。

そんな世界が広がっていくように、


僕は僕のままで、
生きていこうじゃないか。

いろんなことをマルッと含めて、


【僕がカミングアウトした理由】

でした✌️

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

【我が人生こそ、最高のエンターテイメント】自分研究家&生きるエンターテイナー!自身の生き様そのものを晒して、エンターテイメントとしてお届けしてます。

感謝です!お気に召していただければ幸いです♪
13

TAKESHI

Sanctus 代表。ソウルワークのダンスと占いを中心に活動中。看護師・保健師免許有。LGBTQ、ゲイです。自分の生き様をとことん晒して、エンターテイメントとしてお届けします。ダンス出演依頼や振付、占いの個人鑑定等、仕事依頼も承っております♪

ゲイの独り言

気ままに生きるゲイの独り言です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。