見出し画像

大切な人たちが健康でいること、それがなによりの幸せ

お盆を前にして、いつも元気な母がダウンした。
眠れないほどの偏頭痛が続き、めまいもするらしい。
次に次女が目の痛みを訴え、眼科で診てもらうと、コンタクトレンズのせいで角膜に傷がついていた。
処方された目薬をつけると目に激痛が走り、次女は目を開けられなくなった。
次の日、夜間救急につれていき、別の薬をもらってなんとか小康状態を保っている。

次女にかかりきりになっている間に、母にまたアクシデントが。
料理をしているとき、誤って包丁で指を切ってしまったのだ。
外科で何針か縫うほどのケガだった。

私は母に似て、病的なくらい心配性で片頭痛と聞けば脳腫瘍?と疑ってみたり、角膜に傷が入っていると聞けば失明?と考えたり、ひとり生きた心地がしなかった。
大切な人たちのトラブルや体調不良は、これ以上ないくらいつらい。
自分が数日、高熱にうなされている方がどれほど気が楽だろう。

家族みんなが健康なとき、健康のありがたさに誰も気づかない。
健康でいることが当たり前になっていて、健康以外のものに幸せや価値観を見出す。
例えば次女は今年受験生だから、勉強して少しでも成績が上がると、幸せだと思える。
でもそんなことは、体調を壊したり、病気になってしまったとき、何の意味もなさなくなる。

私たちは家族全員が健康でいることに、もっと幸せを感じるべきなのだ。
大切な人たちがみんな健康に暮らしていること。
それだけでなににも代えがたい幸せをつかんでいるのだ。
このお盆は、トラブル続きで落ち着かなかったけれど、あらためて健康の大切さを認識できた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♡ 私もスキです♡
6

tama.k

フリーランスのライターです。旅をすることと海外ドラマ、競馬が大好き。 noteを通してたくさんの人とつながりたいです。

悩みや日々の心の変化について

コメント2件

お疲れ様でした。
私も心配性なので、悪い方悪い方へと考えてしまう気持ち、わかります。
悪かったときも大丈夫なように、という保険でもあるんですよね。
本当に健康なときにはありがたみは忘れがち。
tamaさんがおっしゃる通り、健康なときにこそ大切にしようと自分に言い聞かせることにします。
aoikaraさん
いつもありがとうございます(^^♪
そうなんです…悪い方への妄想がすごい。
健康がなによりです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。