30代のための社会文芸誌『たたみかた』

30代のための社会文芸誌『たたみかた』編集部の公式noteです。逗子にある夫婦出版社『アタシ社』から2017年4月15日に創刊。正しさと正しさがぶつかり合う世界を、超えていくために、「私」を考える。

私と、理虔さん。

小松理虔×三根かよこのトークイベントがあります

2018年9月14日(金)19時、青山ブックセンターにて。
理虔さんの新著『新復興論』(ゲンロン叢書) 刊行記念のトークイベントで、対談させていただくことになりました。たたみかた創刊号で福島特集を手にとってくださった方には、ぜひ来ていただきたいなぁと思い、今、苦手なnoteを書いています。

予約は下記より。参加費は1,350円。
書店さんのイベン

もっとみる

05✒︎『たたみかた』僕らの読後感/記者・瀬木広哉さん

僕は「たたみかた」を神棚に飾らないようにしたい。そういう態度が、この異色の社会文芸誌への最良の好意の示し方のような気がしている。

 「たたみかた」は「私」を起点とする雑誌なので、その感想を書く僕もまず「私」について書こうと思う。僕はある報道機関の文化部という部署で記者として働いている。2011年に東日本大震災、そして東京電力福島第1原発事故が起きたときは東京にいた。

当時は「東京も危ない」と西

もっとみる

04✒︎『たたみかた』僕らの読後感/灯台もと暮らし編集長・伊佐知美さん

◆たたみかたを読んでみて

言ってしまえば、世の中のすべては私にとって「文章を降らせる刺激」であって、ふわりふらり、その『たたみかた』も私に大きくインスピレーションを与えるひとつになった。

これは、もうどうしようもなく、読後感というよりも私本位の独白、だと思う。

三根かよこという女性が、私と同い年であることは、そういえばもう随分と前から知っていた気がする。

けれど久しぶりに1ページ目から最後

もっとみる

03✒︎『たたみかた』僕らの読後感/OZmagazine編集長・古川誠さん

今日は、OZmagazine編集長にいただいた『たたみかた』の感想を書き残しておこうと思います。

▪️読んでみての雑感

 出来上がったものに対して意見を言うことも、異論を唱えることも(それは往々にしてもっともにきこえがちですね)、偉そうに語ることも、言ってしまえばぜんぶイージーなことです。そしてそういう狡い社会とのコミットメントの仕方があまりに多くて、そういうのはダサいなあといつも思っていまし

もっとみる

【編集長のひとりごと#3】偶然の宿命。「私」の拡張。共感(empathy)と寛容。その①

先日、いわきでトークショーしてきました。
来てくださったみなさま、ありがとうございました。

自分自身、改めてなぜ『たたみかた』を作ることになったのか?
その背景をnoteで綴り、アーカイブに残すことで、読者の方にもその思考の履歴を追体験していただけたら嬉しいなと思うのです。

私と、他者。

『たたみかた』の大前提。
「私」と他者は、言葉や同時代的な体験によって繋がりあうことはできるけ

もっとみる