Ayako

2016年10月に左胸乳癌が見つかる。気功治療、食事療法、植物療法などの自然療法で治療中。 https://blog.thinkpink.today/

わたしの父の話

昨年の9月末のある日、叔母から電話があった。

数年前に地元へ戻って叔母と一緒に暮らしていた父が、失踪したので警察に届け出を出すと言う。

そのひと月前、父は朝早くに軽装でふらっと出掛けて、そのまま戻っていないという話だった。部屋には免許証や保険証、鍵などがまとめて置いてあったそうだ。

一瞬、どうしてひと月も届け出を出さなかったのかが気になったけれど、父の失踪は初めてではなかったから、叔母は、父

もっとみる

脳内英語のすすめ

わたしの義父はアメリカ人で、日本語はほとんど話せない。

「ダイジョウブ」「ソウソウ!」「ゴメンナサイ」「ドウゾー!」それぐらいかな。

「Ayako」という名前はアメリカ人には発音しにくいみたいで、名前を呼ぶのもギリギリである。

必然的にやりとりは英語になるのだけど、日本人には英語が理解できても話すのが苦手という人が多い。

わたしももれなくそうで、完璧主義になりがちな性格も手伝って、言葉を口

もっとみる

癌を「自分で治す」と決める

癌の診断を受けるすこし前、たまたま読んでいた小林健さんの著書に、彼が癌を自分で治すくだりがあった。小林健さんはニューヨークで活躍する自然療法医で、その本は『長生きしたけりゃ素生力をつけなさい』だったと思う。

最初に訪れたクリニックで「(胸のしこりは)おそらく、治療の必要なもの(癌)でしょう」と言われた日、わたしは、不安がありありと形になって、現実になっていく、まさにその瞬間を体験しているような居

もっとみる

癌の治療方針を決めるのは自分

癌患者にとって、最初の大仕事は治療の方針を決めることだ。

自分で納得して治療法を選ぶこと。そして「癌を治すのだ」と決めること。これは、選んだ治療法がどうかということよりも、はるかに重要なことだ。

もっとも、病院で医師の言いなりになっていれば、ベルトコンベアーに乗っているようなもので、治療法は自動的に提示される。だけど、その場合にだってそれなりの覚悟が必要だ。

たとえば、いまだに根強く信奉さ

もっとみる

乳癌と診断された時のこと

多くの人にとって、癌と診断されたときが、自分の死と向き合う最初の瞬間なんじゃないだろうか。

「死ぬことだってできる病気なんだ」

癌を告げられた時、はじめて「死」の可能性を鮮明に感じた。変な言い方だけど、ぼんやりしたイメージしかなかったものが、突然鮮やかに姿を現したような、鮮烈な印象だったのだ。

その時から「生」は当たり前に与えられて、なんとなく続いていくものではなく、自ら選択する

もっとみる