見出し画像

縁と運と策

「縁」という言葉がある。
わりに便利なことばで、これを言ってしまえばなんとかなるというマジックワード的な側面もありながら、ちょっとこの言葉に変わる表現はないと思う。

思えば、僕の人生はほとんど縁でなんとかなってきたと思う。
縁とはそういうもののことを言うんやと突っ込まれれば、返す言葉もないけれど。

縁の反対語ってなんなんだろう?グーグルさんに聞いてみると、そんなものはないらしい。対義語も出てこない。
ちゃんとして辞書を引けば、あるいは何かわかるかもしれないが、明確に「これ」とはならない気がする。

広い概念を含んだ言葉であることは、間違いなさそうだ。

足りない頭で反対語・対義語を考えてみると、「策」かなと思う。
戦略的に物事を進めたり、様々なパターンを想定して対策を練ったり。
そういったものと対極にあるような気がする。

縁を策の反対語と思ってくると、なんだか捨て鉢というかなげやりというか、不真面目に見えてくるから不思議だ。無策なんて言葉あるが、これを良い意味で使う人はいないだろう。

これも縁という言葉の間口の広さの成せる業なのかもしれない。
縁を自明のものや、自分が持っているものとして考えると不遜に見える気がする。縁に頼ってはいけないのだ。「運」に近い意味になるのではないだろうか。

多分、良い縁を惹きつけることが人生においては肝要なはずである。この方法がわかれば、「運」に任せることなく、「策」に溺れることなく、人生を歩んでいけそうである。

そんなことを考えていたら、昨日のほぼ日の今日のダーリンにヒントになりそうなことが書いてあった。引用していいのかわからないけれど引用します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「あ、それだ!」とわかるのが、ほんとに答えだ。
理詰めの答えは、「あ、それだ!」とならないんだよ。
 長い時間をかけ過ぎると、
 「まぁ、そうなんだろうなぁ」になっちゃうんだ。
 そして、考える時間をとらないと、
 「そうかもしれないけど、それはちがうな」になる。
 「あ、それだ!」は、
 「あ、いいこと考えた!」とセットになってる。
 毎日だか、毎時間だか、浮かない顔をして
 結局は理詰めになっちゃうようなことをするなよ。
 とにかく、「あ、いいこと考えた!」が、
 行き先なんだから、そっちに向かおうよ。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しっかりと考え抜いた上で、「考え抜いた」ことを言い訳にしない。その結果なり結論が、しっかり考えたから、とかデータ的に間違いないからこれでいいやではダメで、その結果「これはよいな!わくわくするな!」になっていることを目指していけば良いのかもしれない。

仕事の姿勢と人生の姿勢を同じものとして、考えられるというのは素晴らしいことですね。

今日も1日がんばりましょう。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ことばを軸にしたデザイン会社を経営 / 仕事と生活とコンテンツ制作と趣味をごちゃまぜにしていきたい /アイデア・企画 / コピーライティング /ネーミング / ライティング /(心の)大喜利 / お仕事のお問い合わせはお気軽に。https://a-brain.net/

僕もスキ!
7

オカオ

ことばを軸にしたデザイン会社を経営 / 仕事と生活とコンテンツ制作と趣味をごちゃまぜにしていきたい /アイデア・企画 / コピーライティング /ネーミング / ライティング /(心の)大喜利 / お仕事のお問い合わせはお気軽に。https://a-brain.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。