「考える」は書くほどに簡単な行為ではない

僕はほぼ日が大好きなのですが、どのぐらいに大好きなのかといえば、乗組員募集を見つけた途端に、全くの未経験職種の募集だったにもかかわらず、そして、応募するには推薦状が必要で、そんな人の人生に関わるような役割をお願いしなければならないのにもかかわらず、応募してしまったぐらいに大好き。

(推薦状をお願いしました方、これをお読みかどうかはわかりませんが、改めて、その節は大変お世話に、いや、それだけでなく

もっとみる

「あ!いいこと考えちゃった!」は純度がたかい

ついきのう、だいすきなせんぱいと話していたときにふと思ったこと。

「あ!いいこと思いついちゃった!」

の、ドキドキとわくわくとちょっとの不安と「わたし、もしかしててんさい・・?」っていう自意識過剰感、たまらないですよね・・・?

しかも大抵、この「あ!」のほやほやのとき、このきもちをことばにうまく表せない。すっごくドキドキしてるから、どうにかしてひとに伝えたい!共有したいのにどうしてもうまく言

もっとみる

「読みたいことを、書けばいい」著:田中泰廷

本屋で表紙に目を奪われて手に取りました。

聞いたことない著者だけど、糸井さんが帯書いてるということに気付き、プロフィールを見てみると電通のコピーライターと書かれていた。
さらに、帯にTwitterのIDが書かれているのにもすごく興味を惹かれて、買ってしまいました。
(初の書籍らしいので、聞いたことないのも当然でした。。。)

物を書くこと、学ぶこと、というのは小手先のテクニックではなくて結局基本

もっとみる
Likeありがとうございます!あなたのために面白い文章を書き続けます!
19

そろそろ、ほんとうのブランディングの話をしよう。

自己発信をする人に、今日は朗報があります。とはいえ、この話は僕が発見した話ではありません。MBさんの話を僕は読んだだけです。

この投稿のなかで彼は言います。私は7年間ずっと同じことしか言っていません、と。

実際彼は7年間「ドレスとカジュアルは7:3がいい」という1つのことだけを言っているというのです。
そんなバカな。7年間ずっと同じことを言うなんて。そんな風に一瞬思いました――が、ここである1

もっとみる

縁と運と策

「縁」という言葉がある。
わりに便利なことばで、これを言ってしまえばなんとかなるというマジックワード的な側面もありながら、ちょっとこの言葉に変わる表現はないと思う。

思えば、僕の人生はほとんど縁でなんとかなってきたと思う。
縁とはそういうもののことを言うんやと突っ込まれれば、返す言葉もないけれど。

縁の反対語ってなんなんだろう?グーグルさんに聞いてみると、そんなものはないらしい。対義語も出てこ

もっとみる

岩田さんが"こんなこと"をどんな風に話したのかが気になる

#CNET

ほぼ日手帳でお世話になっているほぼ日が、7月30日に任天堂元代表取締役社長の岩田聡氏をテーマにした書籍「岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。」を発売するそうだ。価格は¥1700円(税別)。
Kindleでのリリースに関しては現在検討中とのことで、残念ながら発売当日に入手できるのは書籍のみの模様。

なお、ほぼ日ストアでは7月11日午前11時から予約受付を開始予定。
「TOBIC

もっとみる

糸井重里さん。

昨日買った本たち。
やっぱり一晩置くと買いすぎた、という感情と
満足、という感情で満たされている。

金曜日の魔法。

最近糸井さんの本を読んでいる。
すごく好きです。

これからも読もうと思います。

#読書 #映画 #写真 #モラトリアム #エッセイ #備忘録 #小説 #日記 #文筆家 #ライター #カメラ #とは #ブログ #日常 #note #Nikon #糸井重里 #note感想文

もっとみる

選択できる自由と、選択する余裕

・いろんな罪に対して罰というものがあります。
 罪を犯したこと自体が罰である、というような考えも、
 あるにはありますが、やはり罪には罰が追いかけます。           その罰のなかに、自由を奪い取るという刑があります。
 いや、近代では死やら痛みやらをともなう刑は、
 ほとんどなくなっているから、
 ほとんどの刑罰は、自由を制限するものでしょう。            「刑務所に暮らして、決

もっとみる

未来に向かってボールを投げ続けたい

どこかで読んだことと、また別のどこかで読んだことが繋がっていて、同じことを言っているなあ!と驚く、ということが最近よくある。

例えば、今日は古賀史健さんのnoteを読んで驚いた。

”90年代”と言ったり、時間を10年単位で区切って考えるとき、最初の5年は”予感のなかで生きている”のであって、”実感をともなっ”て生きるのは半分を過ぎた後半の5年だけだ、というようなことを昔、糸井重里さんが「ほぼ日

もっとみる

自分の心を見つめることから。

寝込んで3日目。
今日も最低限の家事と外出が終わったら、ひたすら横になって体を休めていました。早くもっと動けるようになりたい。

noteで日記を書くようになってから、改めて自分の気持ちや考えを見つめるようになりました。
それは私にとって必要なことだったと思います。
思考の整理、気持ちを前向きにする方法のひとつ。

そんな私が最近出会い、気になっている言葉があります。
何度も頭の中で反芻している言

もっとみる