格言1908022

最高の縁って、いま目の前にいる人なんだよ。

一番近くにいてくれるその人たちを心から大切にしていれば、道っておのずから開けるよ。

斎藤一人

~Shimamurythm~

運気を下げる方法と、運気を上げる方法

「これから」あなたの人生の運気を上げて、

あなたの元に良いことを運んでくるためには、

あなたの意識や態度、行動を、

『根っこ』から変えてしまう必要があります。

あなたが、マイナスを「主体的」に発信すると、
あなたの運気は確実に下がっていきます。

それは例えば、

・何か嫌なことがあった。
・期待していたのに裏切られた。
・思い通りに事が進んでいかない。

生きていれば、望む成果が出なかっ

もっとみる

自然の流れに抗わない

2016/9/19

最近よく思うことは、縁っていうのは無理やり繋げられるもんじゃないし、無理に繋がろうとしても結局縁がなければどうやっても切れるものなのだろうな、と思ったりする。どんなに頑張って切ろうとしても切れない縁もまたあるのだろう。

ただそれは、時が経って何かが少しずつ変化していくことで自然と繋がったり、切れたりする。きっと、必要に応じて自然と縁がある人とは繋がっていくし、離れる人とは離

もっとみる

#017 困難をひとつ乗り越えたよ

連日note記録がストップしていました、やさかもです。相変わらず弱い男です。サルに逆戻りです。

ここ3週間はほぼ休みなく働いていました。普段は週休2日性なわけですが、土日の広報イベントへの参加、日本からの出張者対応などでお休みがとれなかったのです。やっている事はまあ嫌いなことではないので、特に文句はありませんが、最近ぐっすりと眠れなくなってしまいました。何かが心配で、夜中に「はっ!!」と目が覚め

もっとみる
00:00 | 00:30

神楽坂の隠れ家・気付き・ご縁サロン『縁Salon』の女将ASUKAによるラジオ風音声コンテンツの配信第99回目。詳しい内容は以下の通りです。約40分程度お付き合い下さい♪
================
【第99回目の内容】
================
①オープニングトーク

②今週の特集
 後悔無用!もっと自分を誇るべし!

 お盆中に同級生女子たちとの集いがあり、約6年ぶりに再会したと

もっとみる

問わず語り~えにしもごうも

人の縁というもの、”えん”、”えにし”のどちらにしても、まぁ、不思議なもので、繋がったり、紡いだりで複雑に絡み合って、その様を人脈とかネットワークなんて言ったりするんですけどね

ああ、嫌い
”俺の人脈”とか”僕のネットワーク”とか、そういうのはどうも苦手

やはり、縁や円だとしっくりくる

脈っていうのはまず太い一本から枝が別れてはいるものの道が通っていて、太い脈から細い脈に繋がっている様は、な

もっとみる

今この瞬間は二度とこない、という奇跡

みなさん、こんばんは。Grounding Lifeのゆかです。お盆休み真っただ中ですね。気候の変化に翻弄されつつ、同時に人は自然の一部なのだ、ということを感じるこの頃です。

さて、今日は一人の時間があったので5キロほどランニングをしました。休日にランニングをするのは中学生のころからの習慣です。当時は陸上部だったので必要に駆られて走っていましたが、今走るのは『自分の時間を持つため』です。目的が変わ

もっとみる

縁で作る仕事

縁はどこで出来るかわからない。
この間久しぶりにバイトしてみよと思いとある会社さんに面接に言った。

そこでめちゃ人のいい社長さんに会い自営業してます看たいな話しから色々話し込んでバイトの面接のはずが
「きっとあなたがしていることに役に立つ色んな人おるから紹介するよ!」
となぜか別の会社を経営しながら色んな活動をしている人を紹介していただけることに。

ほんと人に恵まれてる。

そしてまさかのバイ

もっとみる

演劇は誰のもの?

っていう下書きが出てきたので書きかけのまんまですけど投稿します。ここから発展した記事は今さっき投稿した。順番逆になっちゃったけどね、もったいないから出しておく。

以前に書いたこの記事の執筆中に思ったこと、公開してからの流れに思ったこと。「不特定多数に向けて発信!」というほどは知識もなければ言葉にもまとまっていないので、ここにチラリと書いておきます。

先頃の投稿で「演劇業界の人々はどうやら販促に

もっとみる

やってみたい「演劇」の話

先日、ハートネットTV「もう一人の演者~舞台手話通訳 米内山陽子さん~」の放送を見ました。うん、ステージナタリーでも記事に上がっていましたのでそれで知った方もいらっしゃるかと思うのですけれど。過去にこんな記事を投稿している私はとても興味・関心をもって見たのでした。

でね、これに関して思ったことというか、「いつかやってみたい」と思ったことがありまして。実現に向けてどうこうというレベルではなく、アイ

もっとみる