作文の書き方 その四の2

作文の書き方 その四の2


そして、こんな風に並べ直してみました。


つまりこうですね。

始まり
  ↓
川上から大きな桃
  ↓
桃の中から、可愛い男の子
  ↓
猿がお供
  ↓
きびだんご
  ↓
鬼退治
  ↓
山のような宝物
  ↓
犬がお供
  ↓
めでたしめでたし

あ、『雉がお供』はどこらへんに入れようか、または入れずに置こうか……と考えている最中、ってことです。

そして、この『↓』の部分にいろいろと付け加えていくのです。

この記事の『カードとカードの間を埋める文を補う』というやつですね。

(よかったら、ご自分でもやってみてください。 いろいろな『異本・桃太郎』ができると思います。(^^) )

例として、私が書いたものを……

始まり
  ↓ 川の上流には桃源郷がありました。
川上から大きな桃
  ↓ おばあさんがびっくりしていると、その桃がおばあさんの方へと転がってくるではありませんか。 そして
桃の中から、可愛い男の子
  ↓ その男の子は、おばあさんにお辞儀をしました。 そしてどこからともなく猿が現れて
猿がお供
  ↓ おばあさんはびっくりしながらも、おやつに持ってきていた
きびだんご
  ↓ をその子にあげました。 するとその男の子はにっこりと笑って
鬼退治
  ↓ に行ってきます、とおはあさんに告げて、お供の猿とともに鬼ヶ島へとでかけました。 そして数日が経ち……男の子は帰ってきました。
山のような宝物
  ↓ とともに……そして、その宝物を運ぶためにかどうかわかりませんが、いつのまにか
犬がお供
  ↓ になっていました。 その男の子のことを「桃から生まれたから桃太郎じゃなあ」とだれ言うともなく言い出し、みんな桃太郎の取ってきた宝物のおかげで幸せに暮らしました。

めでたしめでたし

……とまあ、かなりむちゃくちゃですが、作っている過程ではこんなものです。(^_^;A

これに、更にいろいろ付け加えたり、削ったりして完成品が出来上がるわけです。

続く


註:例によって、写真は『みんなのフォトギャラリー』から、うたたねさんのものを使わせていただいております。 感謝します。<(_ _)>

註2:デルタ・スクロールは上丘(じょおかー)さんの考案された手法です。 ありがとうございます。<(_ _)>


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたに祝福を (^▽^)
7

誠智

作文の書き方

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。