庭師グレ

1968年生まれの男子。クラシック音楽、食べること&飲むこと、おもろいこと。ラブ&ピースよりもアナーキー&ヴァイオレンス!

ビルバンテ・ジョコンド、ひさびさ

年末進行、忘年会等々でバタバタしておりここの更新忘れてました。これはかれこれ1ヶ月ぐらい前かな。

贔屓にしてるトラットリアへ久々に。

ここに来たらまずはビールから。

自家製のパン的なもの。

ブッラータ。

これは姉妹店のピッツェリア用に焼いてるローマ風ピッツァの生地。

ポルケッタとかコッパとか。

ワインはフリウリのシャルドネをボトルで。

魚介のフリットミスト。

プリモその1はウンブ

もっとみる

鶏バター、リベンジ

フィレンツェの「ソスタンツァ」というお店の名物料理、鶏むね肉のバター焼きをリベンジ。

ハロウィーンの日に初めてつくったらバターが焦げ気味だったので、その経験から鉄のフライパンは使わずテフロン系のものでソテーした。

火入れもばっちりで、これはうまいわー。付け合わせもちゃんとがんばったのでね、これがまたいい。

せっせとじゃがいもを裏ごししてるの画と、裏ごしし終わったじゃがいもの画。

前菜はたこ

もっとみる

ワインツーリズムやまなし

ずいぶん日が経ってしまったのだけど、実は去る11月18日、「ワインツーリズムやまなし2018・秋」に参加してきた。

8時ちょうどのあずさ5号でw

まずは車中からメートルを上げる。ワインツーリズムなのにビールでw

嫁氏のお知り合いに毎年泊まりで参加している強者グループがおりまして。前日からこのイベントを楽しんでいるその方々と甲府駅で合流。

引換券を駅北口の受付で渡してグラスやらホルダーやらを

もっとみる

魚真ふたたび

魚食べたくなるとなんとなく来てしまう、魚真 下北沢店別館。メニューに変化があるし、リーズナブルなので。

ぶり、ミル貝、本まぐろ。

のどぐろ、うまし。

ビステッカの研究

今回は150gで1000円ちょっとのニュージー産ヒレと、300gで1000円弱の米国産肩ロースでチャレンジしたのだが、これがなかなかよかった。

ニュージーのヒレはちゃんとヒレの貫禄あったし、米国の肩ロースもほどよく硬くほどよく赤身。もしかしたらわたくしの焼きの技術も一役買っているのかもしれないw そして付け合わせもね、ちゃんと裏ごし器にかけたマッシュはやはり旨い。野菜のグリルは最近ルクルーゼの

もっとみる

しゃぶパー

しゃぶしゃぶ好きの友人を我が家に招いてしゃぶパー。

ルイ・ロデレールで乾杯。このワイン、いわゆる大手のスタンダードなキュヴェの中では突出していると思う。

前菜から。牡蠣フライもつくったのだが写真取り忘れた。

牛肉。

豚はいろいろ。高座豚のばら、宮崎どんぐり豚のロースとばら、イベリコ豚の肩ロース。

そして東京エックス豚のばら。

友人にお持ちいただいた07のシャサーニュ。素晴らしい状態であ

もっとみる