♯026 きょうだいの問題を放置した結果、起こること

きょうだいの問題を放置した結果、本人も親も高齢化してしまい、切羽つまった他の子供たちからの相談が増えています。

このnoteでは、以下に当てはまる方に向けて、この先、現実的に起こりうることを述べてみたいと思います。

・きょうだいに精神疾患の疑い(「長期ひきこもり」含む)があるが、精神科未受診である。
・きょうだいが精神疾患だが(受診歴あり)、長く受療中断している。

つまり、本人(きょうだい)は、本来であれば、適切な治療や支援が必要でありながら、なんら対応がとれていないケースです。往々にして、高齢の親が経済面・生活面の面倒を見ることで、かろうじて生活が成り立っています。それもあって他の子供たちは、問題に気づきながらも、現実的な行動はとれていません。いったん何かが崩れると、雪崩のように悪化するのがこの問題の特徴でもあります。

崩壊のきっかけ① 親が認知症になった! 介護が必要になった!

親が認知症になったり、介護が必要な状態になったりすると、その余波が本人にも及びます。一例ですが

この続きをみるには

この続き:2,164文字

♯026 きょうだいの問題を放置した結果、起こること

(株)トキワ精神保健事務所

210円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

トキワレポート(メンタルヘルスと家族の問題)

メンタルヘルスにまつわる、家族・親子の問題についての記事です。精神疾患や長期ひきこもりを一因とした問題行動に、家族としてどう対応すればよいのか。うまくいかない親子関係にどう向き合えばよいのかなど、弊社の経験から分かることをお伝えします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。