見出し画像

嫌なことがあったとき vol.11

これをお読みのみなさまは、嫌なことがあったときどうするだろう。


私はね、思いっきり叫ぶ。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

って。原付に乗りながら、風に向かって咆哮する。


もちろん、この声を聞いた道路沿いの家に住む人を、驚かしてもいけないから、人里離れた場所や、ひらけた場所を選ぶのだけれど、、、

これ周りから見たら、相当滑稽なんじゃないかな。


なんで、私はこんなことをするんだろう。

多分だけど、真正面からぶつかってくる風に、咆哮をぶつけると、自分の力を再確認できるんだと思う。

「ああ、自分にはまだこんな底力があるんだ」

「俺はまだまだ負けねえぞ」

って。


1回叫んでまだ心が晴れない時は、もう1回。それでも晴れないときは、もう1回。

そんなことを5回、6回と繰り返してると、のどが痛くなって、声が枯れてくる。


そこまでいくと、もうほんと

「ああ、なんて滑稽なんだろう」

って笑けてくるよね。


姿勢が心に及ぼす影響というのは、長年研究されてる。

背筋を伸ばして座ると集中できるとか、マッチョポーズをすると自信がわいてくるとか。TEDトークでも昔見た。


これも、その一種なんだろう。

「うおおおおおおおおおおおお」って叫ぶってことは、それだけ元気があるってこと。

嫌なことがあって心がへばってても、そんな力強い行動によって補正されちゃうんだね。


うん....日本のどこかでバイクに乗りながら、雄たけびをあげている人がいたら、そっとしてあげて。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

とむのサバイバル日記

スーパーカブ50ccに、 テントと寝袋と調理器具を載せて、 山梨の山奥で生活しています。 ブログ→http://tomoyauchida.com/ YouTube→https://www.youtube.com/channel/UCABqE6jsw70QVDbfG39o72A
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。