定年が5年延びた先の未来

日本人の働き方に大異変、みんな「60歳過ぎても働く社会」は幸せか について考え見た


こんにちは! 市川ヒロシです。


↓↓ これが今の日本の現状なんですよね ↓↓

1970年代、日本のサラリーマンは
55歳で定年を迎えた。

それがいまや、
60歳過ぎても働くことが
当たり前になろうとしている。


三井住友銀行が、
来年1月から正社員の定年を
60歳から65歳に延長する
予定であることが明らかになった。

メガバンクでは国内初だ。


すでにサントリーや
イオン、ヤマト運輸、
大和ハウス、オリックス、
本田技研工業、明治安田生命保険
などの大手企業でも、

「65歳定年制」は実施されている。




実際問題、今の日本の環境では、
定年過ぎても働かないと、
生活が成り立たないんじゃないでしょうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


なので、
定年が60歳から65歳に延びることは、

ある意味、歓迎されるべき
ことかも知れません。

でも、


実際、定年が延びて、
会社に残ったからと言って、
安穏としている訳にはいかないようですね。


まぁ、考えれば当たり前ですが。。。

・記憶力も鈍り能力も落ちてる
・周りから煙たがられる存在
・給料も下がり役職もない
・新しいことについて行けない
・居づらい雰囲気


■でも、そうまでして、

その会社にしがみつく必要が
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あるんでしょうか?!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

定年が5年延びたからと言って、
5年後に定年を迎えた際に、


その会社で身に付けた能力やスキルが
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
どれだけあるんでしょう?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


下手すると、その5年間、
針のむしろに座ったまま、

何も身に付かずに
終わってしまうのではないでしょうか。

そうであれば、5年後、・・・


新たな働き場所も見つからず、
家で、濡れ落ち葉のように
疎んじがられる

そんな存在になるだけだと思いますね。


■それよりは、、、


早期に退職して、
自分で稼げる方向性を
見つけていった方が、

生きがい・やりがいも出ますし、
新たな能力やスキルを
身に付ける機会も増えますし、

何より、ストレスなく
毎日過ごせると思いますね。

でも、自分で稼げる方向性って、
どうやって見つければいいのでしょうか?


そのヒントが、
ぼくのプロフィールページには隠されています。


こっそりと、のぞいてみてくださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

市川ヒロシ@個人ビジネスコーチ

人生や仕事で得た知識・経験・アイデアをデジタル商品化して売り出す個人ビジネスをミドル世代にコーチしている / 定年退職後も人や社会に貢献しつつ経済的余裕を得て生きがいのある人生を送りたい人を応援している 詳しくは▶ http://jkjk.biz/o/5CveCO
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。