シモーヌの場合は、あまりにもおばかさん。----ヴェイユ素描----〈11〉

「…不幸のために自由な同意の能力をとり去られている他者に対して、そのような能力を生じさせようとするのは、他者の中に自分からはいりこんで行くことであり、不幸に対して自ら同意を与えることである。すなわち、自分自身を破壊するのに同意することである。つまり、自分を否定することである。…」(※1)
「…注意力とは、自分の思考を停止させ、思考を待機状態にし、思考を空しくして、対象へはいって行き易いようにし、利

もっとみる

過去の失敗は【あなたの能力不足】ではありません

「自分はだめだ」
「何をしてもうまくいかない」

このように思い込むと
何をしてもうまくいかなくなります

うまくいかなかったのは
状態、環境、タイミング
幾多の要因が絡み合った結果です

【あなたの能力不足ではありません】

今すぐ、無気力状態から脱出しましょう

https://kuroma-akuto.com/?p=1126

PBL(Project/Program Based Learning)(※未整理メモ)

PBLにおいて最も重要なこと

PBLで最も重要なのは、そもそもそれは取り組むに値する課題なのか、ということである。

元々、「これを勉強して何の役に立つのか」という学習者の疑問に応える形でPBLが始まったのだと思うが、単に目的ー手段関係を学ばせるのであればよいかもしれないが、そうでなければ結局「この課題に取り組んで、この問題を解決して、一体何の役に立つのか」というより深刻な事態を招くだけであろう

もっとみる

ベスタの星座からみるちょっとアレなところ

naturianne(なつみ)です。
今日もゴールデン街で占い屋をしてきました。
毎週水曜日と木曜日にお酒を飲みながらたまに占い屋をしています。

今日の星はベスタです。これも火星と木星の間の小惑星群の中にある星。

惑星のwikiはこれ。

神話のwikiはこれ。

ちょっと前のアニメで人気がありましたね。みんな大好きヘスティアちゃん。

ホロスコープで見た時のベスタはこれです!私のホロスコ

もっとみる

生きる

人生をどう生きるか?

つまりは、不幸な人生を送るのか?
それとも、幸せな人生を送るのか?
は、事実と現実のバランスを適切にとれる能力があるか?ないか?にかかっていると言っても過言ではありません。
事実が自分にとって不都合になると人間は大脳新皮質の知恵を絞ってとにかく現実逃避という能力を磨き上げます。

事実とは自然の摂理です。
現実とは人間の道理とも言えます。

しかし、必ず人間の頭脳で事実世界

もっとみる

人の能力って一生涯で均等にしてみれば、そんなに差がないと思うけど、実績には大きな差が出るのはなぜか?それはたぶん、

学生の頃は、知力において、ずいぶんと差が出るものだなと思っていた。

 例えば、東大へ行った人と自分の知力を比べると、人間と猿ほどの差を感じたものだけど、一生涯で見たときに、その差は縮まっていることに気がついた。

 そう考えると、人の能力って人生平均してみるとそれほど大きな差がないのかも知れない。

 ただ、上げてきた実績は、一生涯でみたときに大きな差が出てくる。

 トランプ大統領と自分を比較

もっとみる

あなたのパンドラの箱が開かれる時

私の朝は、机から始まります。

起きた瞬間、もしくは起きるか起きないかのまどろみの中で

その日のテーマや、大切なこと、など

いくつか浮かんできます。

朝は毎日、10~20は出てくるので

それを、それ専用のノートとペンで書き留めます。

それは朝だけでなく日常的に続きます。

これは、5歳の頃から毎日やっているようです。

それがそれほど大切なことだとは思っていなかったし

何に繋がるのか、

もっとみる

パラスの星座からみた美術のセンスや癒しの求める方向

久しぶりに青空を見ました。
naturianne(なつみ)です。

今日の星はパラスです。火星と木星の間の小惑星群の中にある星。

お星様のwikiはこれ。

ちゃんとしたのはなかったけど、登場する神話のwikiはこれ。

アテナのお友達でトリトンの娘のパラス。喧嘩中に殺されちゃう。
タイトル画像は拾い画アテナです。

ホロスコープで見た時のパラスはこれです!私のホロスコープからどうぞ!
赤い

もっとみる

シモーヌの場合は、あまりにもおばかさん。----ヴェイユ素描----〈10〉

不幸と向き合い、それに敢えて自ら関わろうとする力、注意力。それは自然のうちに身につくようなものではない。「…おそらくはすべての努力のうちで最大の努力…」(※1)を払わなければ、ならないものなのだ、とヴェイユは言う。
「…不幸な人に注意をむけることのできる能力は、めったに見られないものであり、大へんむつかしいものである。それは、ほとんど奇跡に近い。奇跡であるといってもよい。そういう能力を持っていると

もっとみる

落合が振り子打法で三冠王を何度も取れたか?

Ryo kurita(栗田涼 くりたろう)

00:00 | 00:30

人の特性の違いと交わりについての解説です。

自己分析と他者分析の理論の入り口です。

リアクションいただきまして、誠にありがとうございます!
15