タウンビギナー

何か詰まっているなら、1人合宿をやるのが一番

夏休みにひとり合宿をしてきました。   日々の生活に追われて、自分がこれからどこへ向かおうとしているのか、あるいは自分がやりたい事をまとまってできる時間がないな...

酒と女

酒と恋愛は似ている。   感情が剥き出しになりやすいこと。無くても人生は成り立つけど、あったほうがより豊かな人生になる(と主張する人々が少なくない)こと、好みは人そ...

鍋底の唐揚げ粉を食べる楽しみ

骨付の鶏肉が安い時に大量に買い、一気に作る唐揚げ。母が作ってくれるそんな唐揚げが、子供のころ大好きだった。   骨付の鶏肉にから揚げ粉をまぶし、揚げ油に入れてパチ...

いつかは人生の最善手を

「お前は研究者向きだな」   高校生の頃、先生や親からよくそう言われた。人と話すのが苦手で、本を読んだりするのが好きだった。今思えば、あまりにコミュニケーション...

時間旅行 -いつでも僕たちは「いま」を生きていける-

自宅から最寄りの浅草駅へ自転車を少し早足で漕いだ。隅田川花火大会は終わったけど、街は浴衣を着ている人たちが多い。一番多いのは女の人が3,4人という組み合わせ。次が...

普通に不死身として生きられる世界

不老不死にはなりたくないが、不死身には一度ぐらいはなっても良いかなと考えている。   子供の頃は若いことに価値があるなんて全く思えなかったら、「不老」の魅力がピ...