見出し画像

創作することの、はじめの一歩

いかなる創作にも、かならず発生するもの。

それは最初の一歩である。

いかなる芸術作品も、作り手にとって、最初の一歩がある。始めるときは、どんな人間だって上手くやりたいし、スマートに決めたいところだ。

あの有名な作家には、こんなエピソードがあるぞ。あんなかっこいい設定があったぞ。それを思うたび、手が止まる。こんなかっこ悪い思いをしているのは、自分だけなのではないか

作品を作るとは、こんなにも評価されることにおびえ、自分の実力に絶望し、あせりの中で生み出すものだったのか?

今回は、そんな創作につきものの最初の一歩について、書きました。

これを書いたのはお盆中ですから、夏休み気分で特別出張スペシャルです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかなる確立されきった芸術も、最初の一歩は形なきところから始まった。

洗練とは程遠い、泥臭いなにかであったかもしれない。人に指差されるようなものであったかもしれない。けっして、これは成功するぞ、という確信のもとで生み出されたものではなかったはずだ。

5ch(旧2ch)の影響なのか、いかに合理的にスマートに、情熱をかけずに成功するか(=金を稼げるか)、を基本的な姿勢にしている人が多いと感じる。

情報網の発達で、合理的に学習するという文化ができたせいかもしれない。物事の習得に無駄な時間をかけない、というのは正解だと思う。

しかし、自分の道や型というものは、どうして合理的に習得できるものではないだろう。

無駄な徒労や苦労、とてもコストパフォーマンスがいいなどとは、言えないものがたくさんある。

およそ、創作しない人が想像できないような苦悩があるだろう。だが、そうした苦労からしか生まれないものがある。それは、後天的に入手した情報では得られない、体得的な何かである。体得的なものしか、究極的には自分の道を描き出すことはできない。自分の経験が不在の情報に、意味は生じない。

その苦しみにともなう、ダサさを恐れないで欲しい。ダサさ満点のウサギはそう思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もしこの記事を少しでもいいと思っていただけたら、ぜひ「好き」を押していただけると嬉しいです。変なウサギからの宇宙的メッセージがもらえますよ!

実はチキン野郎でもあるので、記事が伸びていないと、地味に沈んでいます。まあ、やはりあきらめませんけどね

私の生態をお気に召していただけましたら、フォローしていただけると、
ウサギはたいへん、たいへん喜びます。

もっとリアルなウサギの動向は、こちらで

ツイッター
https://twitter.com/xS1BaVgAVMhSI2P


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事は基本的に無料公開ですが、もし何か支援したいと思っていただけましたら、頂戴したお金は書籍購入か、進めている企画作業に当てさせて頂きます。

君の後ろにいるよ
391
出版プロデューサー/コンテンツ発掘人&自分もコンテンツ作る人。 前職は広告野郎。『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』6刷『ウケる人、スベる人の話し方』3刷。創作に関するノウハウやメンタリティを発信。創作する人を応援。noteマガジンpicker/企業ブランディング支援。

コメント3件

全ての道も最初の一歩から始まる!
とても励まされました
こんにちは、記事をいくつか拝見しました。どれも面白く読ませていただきました。この記事からは、はじめの一歩を踏みだす勇気をもらえた気がしました。ありがとうございます!
私も創作をしている人間です。それでもどうしても羞恥心や劣等感先に立ってしまい、身動きが取れなくなってしまう日があります。そんな時、勇気をもらえる漫画をありがとうございます。あと、筆者様のふてぶてしいうさぎの顔がたいへん好みです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。