芸術と表現

変態的な容器と、純粋な体液

カタカナで書かれた肩書は何度読んでも、何をも意味していないよう見える。「クリエイターをしています」なんて言われた日には、そうですか、とという以上に言葉が出てこないだろう。あなたは何を創造(クリエイト)しているのか、それがわかるような肩書を、最初に教えてほしいものだ。

僕は文章を書きたくて、それはいつか、いろいろな人に見てもらいたい、というのが、やっぱり、どんな人の欲望でもあって、もちろん自分の欲

もっとみる

あなたがずっとなりたかったものになろう

表現するってことが自分にとってこんなに欠かせないことなのに、ずいぶん長い間自分を表現する人として扱ってこなかった。

単純に自己肯定感がどん底ズブズブに低くて、「生まれてきてすいません」「間違いばっかりすみません」、果ては「息しててすいません」と思って生きていたので、自分が何か生み出すということが耐えられなかった。

正確には、

「手を止めることができず、ずっと何かを生み続けていたのに自分をそう

もっとみる

幸福幻獣シリーズを始めます。

最近アルコールインクを使用して作品を描くことが増えました。

アルコールインクアートはまだ日本では馴染みがないジャンルですが
面白い表現が出来る上スペースもそんなに取らないので重宝しています。

さて、本題に入りますが
この度オーダーサービスを始めることにしました。

告知文などはまだ出来上がっていないので
正式リリースはもう少し先になりそうですが
『幸福幻獣』というオリジナルアートを描くサービス

もっとみる
ありがとうございます!是非シェアもよろしくお願いします!
7

絵を仕事にしたい学生さんとその子を持つ保護者さんへの経験談アドバイス①(はじめに)

先日、友人がお子さんの進路について相談したいと言ってくれたので、まとめておこうと思います。その友人のお子さんは「絵の仕事」に関心があるとのことで、現在高校1年生。とても大切な時期なので、その時期の人(またその保護者)に向けた、小池なりの必勝法を、今後まとめておこうと思います。

「子供の進路や夢を応援したいけれど、無闇矢鱈で無謀な世界は心配だから反対の立場を取らざるを得ない」という親御さん。「絵を

もっとみる

初めてオリジナル曲を公開します。
30分ほどで作った曲なので、歌は入っていません。サウンドのみです。
こんな感じで作曲したものをちょくちょくアップしていこうかと思うので、よろしくお願いします。