見出し画像

「完璧」な結末の先へ。賛否両論の『トイ・ストーリー4』を、僕は全力で支持する。

【『トイ・ストーリー4』/ジョッシュ・クーリー監督】

「おもちゃ」の擬人化。

量産型の無機物に、「命」を吹き込む。

それは、今から24年前、ピクサー・アニメーション・スタジオが起こした奇跡であった。

しかし、そんな『トイ・ストーリー』シリーズには、いつかは真正面から向き合わなければならない一つのテーマがあった。



-------------------

(以下、『トイ・ストーリー4』の重要なネタバレを含みます。)



今ならこう思う。

あの『トイ・ストーリー3』のラストを「完璧」な結末と評することで、僕たちは一種の思考停止の状態に陥っていたのかもしれない。

アンディとの別れ。その先に待っていた新しい出会い。ウッディやバズたちの「幸福」な日常は、またここから始まる。そう、信じ込んでいた。

しかしピクサーは、自分たちが作り上げたその結末を徹底的に批評し、本来描くべきはずであったもう一つの結末を描いた。



『トイ・ストーリー4』において、自分自身を「ゴミ」だと思い込むフォーキーに、ウッディは「おもちゃ」として生きることの意義と「幸福」を説く。

「おもちゃ」の使命を、役割を、いや、もっと言えば、その生き様を、今まで僕たちは疑いもしなかった。

『〜3』のゴミ焼却場のシーンにおいて、全ての「おもちゃ」がいつかは辿り着く「死」の場所が描かれたからこそ、それは仕方のないことだったのかもしれない。

それでも、僕たち人間は、永遠に「おもちゃ」を大切にし続けることができるなんていうのは、やはり幻想だ。あのアンディでさえ、今はもう大人になってしまったのだから。



だとすれば、話は変わってくる。

「おもちゃ」にとって、子供に遊んでもらうことこそが一番の幸福である。

という、価値観があるとする。

語弊を恐れずにはっきりと言ってしまおう。

それは大いなる誤解、そして欺瞞であると、『トイ・ストーリー4』は訴える。

その鋭利なメッセージは、過去3作に心を動かされた人ほど、深く痛切に突き刺さるはずだ。

今振り返れば、『〜2』において悪役として設定されていたプロスペクターは、「博物館に寄贈されたい」という切なる想いを抱いていた。彼は、本当に間違っていたのだろうか。

また、「完璧」な結末と評されていた『〜3』の印象も変わってくる。ウッディは、次の子供に引き継がれるという「おもちゃ」としての運命を受け入れただけに過ぎない。

僕が『〜4』を観てハッとさせられたのは、「おもちゃ」として生まれたてのフォーキーが、ある意味で最もフラットな視点を持っていることだ。(また彼は、「おもちゃ」として生きる意義を後天的に押し付けられたキャラクターであるとも言える。)

そして、19年ぶりに僕たちの前に現れたボー・ピープ。彼女が、時代を先行する価値観を痛快に体現する女性として描かれていることこそが、何より決定的であった。



たとえ、過去3作の冒険の全てを否定することになったとしても、僕はこう思う。

僕たちの人生が無限の選択肢と可能性に満ちているように、「おもちゃ」の生き方に正解はない。もちろん、間違いもない。

だからこそ、彼ら・彼女には、自分の「人生」を謳歌して欲しい。

永遠なんてないのかもしれないけれど、新しい別れと、新しい出会いの先に、たしかに「人生」は続いていく。

たとえどれだけ、辛くても、悲しくても、切なくても、

子供部屋の外に広がる世界は、きっと広いと信じたい。



【関連記事】


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。 これからも引き続き、「音楽」と「映画」を「言葉」にして綴っていきます。共感してくださった方は、フォロー/サポートをして頂けたら嬉しいです。 もしサポートを頂けた場合は、新しく「言葉」を綴ることで、全力でご期待に応えていきます。

最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
23

松本 侃士

編集者/ライター/1991・10・1 生/慶應義塾大学卒/2014年、音楽メディア企業 ロッキング・オンに新卒入社、編集・ライティング等を経験/2018年より、渋谷のITベンチャー企業にてメディア戦略を担当/音楽や映画のコラム記事をアップしていきます。よろしくお願いします!

「tsuyopongram」2019

2019年に発表された「音楽」や「映画」についてのコラム記事を投稿していきます。音楽批評/映画批評というカルチャーを「note」上で広めていきたいと思っています。よろしければ、ぜひフォローをお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。