自己開示をすれば相手との心の距離がグンと短くなる【音声と文章】

山田ゆり
00:00 | 00:30
今回は、夫に初めて会った頃の出来事から、
自己開示をすれば相手との心の距離がグンと短くなる
という事をお伝えいたします。
6分半の音声です。音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

**文章はここからです***
おはようございます。山田ゆりです。
本日は、夫に初めて会った頃の出来事から、
自己開示をすれば相手との心の距離がグンと短くなる
という事をお伝えいたします。


お店で素敵な洋服を見つけ衝動買い。
家に帰って着てみたら、思っていたよりもときめかない。
そういう事ってありますよね。

洋服ならまた買えばよいですが、
結婚となると、そう簡単にはいきません。
洋服みたいに
「買ったけど、着てみたらちょっと違うからやめます」とはいきませんから。

今、この音声を聴いていらっしゃる中で
結婚されている方に質問です。
あなたはなぜ
その方と結婚されたのでしょうか?


娘たちから
「お母さんはどうしてお父さんと結婚したの?」って聞かれることがあります。
そんな時は、
「一時的な気の迷いです」と答えています。


高校卒業後、すぐに就職し11年間務めた会社を退職し
1年位経った頃、前職の女性の先輩が、
夫を紹介してくれました。

初めて会ったのは、
お寿司屋さんのお座敷です。


その時、夫は、
普通のポロシャツとズボン、
そして、素足につっかけでした。

初対面の人に素足につっかけですよ。
私は「信じられない。この人、
何考えてるの?」と思いました。

まったくイケてない。

私は買ったばかりのブラウススーツを着て
いつもよりおめかししていきました。
それが初対面の方へのマナー
だと思っていましたので。

今まで何回もお見合いをしてきた私は
こんないい加減な格好をしてくる人に
会うのは初めてでかなり衝撃的でした。

「あー、今回もダメだな。」と思いました。

一通りの紹介があり、食事をして、その後、
つっかけ君の車でドライブをしました。

相手に良く思われたいから、私は
いつもはここで猫をかぶります。

しかし、つっかけ君に、
そんな配慮はしないと決めました。

私はずけずけと自分の思っている事を
つっかけ君に話しました。

すると、私が言うだけ言ったらつっかけ君は
私の意見に対して話を返してくれました。
それに対して私がまた言いました。

するとまたつっかけ君は、
私の言葉を受けて
たくさんの言葉を返してくれました。

二人で長い長い言葉のキャッチボールをしました。
彼は話を継続するために
グルグルと車の運転を続けていました。

何を話していたのか?

その頃、私は人生で
一番の落ち込みをしていました。

弟を亡くした時、
「これが人生で一番の出来事だ」と思いましたが
それを上回る、とても厳しい状況にいました。

夜も眠れず、食事ものどを通らず
体重は39kgまで落ち込んでガリガリでした。


私は彼に今の心境を
とつとつと話し始めました。

彼は私の話を途中で折ることはせず
ジーっと聞いてくれ、私が言い終わると、
またたくさんの言葉を返してくれました。

当時の悩みは誰にも言えなくて
自分の中にしまっていましたので
その時、思っていた事を
彼に全部吐き出しました。

すると、彼は私の話を否定せず
全てを受け止め、一つ一つ、
きちんと聞いてくれました。


その日は数時間、
ドライブしながら延々と
話をして終わりました。


それから彼とは何度も会いました。
いつも海や山へ何時間もかけて
ドライブしました。

そして、ドライブ中、
二人はずっと話をしていました。
二人の話は途切れる事はありませんでした。


当時の悩みを彼に全て打ち明け
同じ方向を見て話をしつづけ

自分一人の悩みから
二人の共有する出来事になり

彼が私の全てを受け入れてくれたので
私の悩みは昇華されました。


自分の真剣な思いをさらけ出したから
相手に愛されたのだと思います。


彼と出逢って一年後に結婚し

「世界中で一番会話する夫婦」

だとその頃は思いました。


本日は
夫に初めて会った頃の出来事から、
自己開示をすれば
相手との心の距離がグンと短くなる

ということをお伝えいたしました。

本日もお聴きくださり
ありがとうございました。

ちょっとした勇気が世界を変えます。
今日も素敵な一日にしましょう。

山田ゆりでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

50代になり、自分の思いを娘たちに残しておきたいと思い、note を続けています。 サポートしていただいた金額は、毎月末に、私がサポートさせていただきたいと思う方へ全額お渡しいたします。

いつもありがとう!今日も素敵な一日になりそうです。
20

山田ゆり

50代、3姉妹の母、事務の仕事。アルツハイマー型認知症の実母の介護を10年間しました。小6の1年間、いじめを受け、それ以降コミュ障。介護・心理学に興味あり。文章の読み書きが好き。 https://twitter.com/ebinabotukuda?lang=ja

コメント4件

ゆりさーーん!!
めちゃくちゃ面白かったです(ノ∀`)
「つっかけくん」の連呼に思わずニヤニヤしてしまいましたww

そして後半は感動しました。
どうして、ゆりさんが旦那さんを好きになり結婚したのか
「気の迷い」なんかではありませんね。^^

わたしも今思い返せば
「何をあんなに話すことがあったんだろう」ってくらい二人で話してました。
長電話したり・・・。なんで電話かけてくれないのって怒ったり。

なのに今はラインすら面倒と感じてしまってます( ;∀;)女って怖いですね。

つっかけくんはきっと第一印象からゆりさんの事が好きだったんだろうな~^^そう感じて、ほっこりしました^^ありがとうございました
あゆちゃん、こんばんは。
コメント、ありがとう!
つっかけ君は、私に一目ぼれしたそうです。\(//∇//)

そんな時もあったよなぁーって感じです。

あゆちゃんもご主人様といっぱいいっぱい
お話されていいたんですね。

そうか、やっぱり、大好きになると
話は尽きないですよね。

ありがとうございます。
一目ぼれ~~~!!
つっかけくんは
つっかけで来てしまった事を後悔したんでしょうね(^^;)
つっかけ君は、後悔なんてしない人です。
全く動じない人です。いいのか、悪いのか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。