いたたまれない気持ち

ー東京五輪チケット当選

いたたまれない気持ちに押しつぶされそうになっている。note仲間のやまきちさんが2020年に開かれる東京五輪のチケット抽選に当たったことにちなみ、お祝いの俳句を贈ってくれたのだが、どうにもばつが悪い。というのも、せっかく当たったにもかかわらず、奥さんには、競技場で見るよりも、むしろテレビ観戦が良いと訴えており、この当選をそこまで喜んでいないためだ。

関連リンク:「五輪チケットに悲喜こもごも

祝いの句

句の良し悪しが分かるほど、俳句への造詣は深くないが、それでも心温まるやさしい句に思え、とても気に入っている。チケットが当たった記念にありがたく頂いておくことにした。やまきちさんとは、今後、これをきっかけに違った形でコラボレーションしてみたい。

奥さんは依然、チケット当選にはしゃいでいる。ただ、それはあくまで家の中だけらしく、周囲に言える状況にはないという。知人らは全滅だったそうだ。そのしわ寄せが家での大はしゃぎにつながっているとも言える。そしてテレビ観戦を促す主張には耳を貸す気さえない。

この先に控える公式販売の購入はどうにか阻止したい。

(写真:いたたまれず顔を覆いたくなる気分=みんなのお金ドットコム)

関連リンク:


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

りす=ハードボイルド

「だから、なんなの?」と言われてしまいそうな他愛もないことを綴っていきます。悪しからず。

りすのよまい言、大きな木のうろの中から

「だから、なんなの?」と言われてしまいそうな他愛もないことを綴っていきます。悪しからず。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。