大河「いだてん」の分析 【第26話の感想②】 1912-1928年の5つのオリンピックを簡単に振り返る。

第26話の舞台は1928年開催のアムステルダムオリンピックである。
1928年。
日本人が初出場した1912年のストックホルムから数えると、16年も経った。ずいぶん長い時間。
この16年のあいだに5つのオリンピックがあったので、ここらでオリンピックの歴史を振り返っておく。

※第26話の感想①(前編)はこちら↓

1、オリンピックを介して日本近代史を知る機会に。

「いだてん」はスポーツドラマでは

もっとみる

悪いやつ 日本選手権で犯した最大のミス

人生7度目の日本選手権が終わりました。

結果は10位。この場を借りて、ここまで応援してくださった方々にお礼をさせてください。

ありがとうございました。

簡単に来年にむけて!など言えない年齢になっていて、正直へこみました。
そんな時に為末大さんのTweet、ブログをみて、年齢を重ねたからこそ、下を向いてる暇なんて、ないよね。と感じました。



王者になるメンタル。準備する事ができていなかっ

もっとみる

ソ連のスポーツ 余談 モスクワ五輪

前回、ソ連とオリンピック大会について書きながら、ふと思い出した事があり、どうしても気になるので、特に本章を記しておきたい。

 本題は末尾に。

 1980年のモスクワ五輪は、初めて社会主義国で開催される大会となった。しかし、1979年に始まったソ連のアフガニスタン侵攻に抗議した西側諸国がこれをボイコット。

 このボイコットに関連付けて語られる、ソ連のアニメ作品がある。五輪に合わせてソユズムリト

もっとみる

もし五輪を京都で開催するとしたら何を推す?

つい先日、2020東京五輪チケットの抽選が終わった。来たる2020年へ向け、日本中のオリンピックムードが高まりを見せる。今回五輪開催地に選ばれたのは東京だが、日本には東京だけでなく世界に誇れる都市がまだまだ存在する。その一つが日本の都、京都だ。

 今回は経済面や地理的な問題はさておき、もし京都を五輪開催地として招致するのならばどんなところを推せるか。これを京都在住の自分視点で考えてみた。

 京

もっとみる

いたたまれない気持ち

ー東京五輪チケット当選

いたたまれない気持ちに押しつぶされそうになっている。note仲間のやまきちさんが2020年に開かれる東京五輪のチケット抽選に当たったことにちなみ、お祝いの俳句を贈ってくれたのだが、どうにもばつが悪い。というのも、せっかく当たったにもかかわらず、奥さんには、競技場で見るよりも、むしろテレビ観戦が良いと訴えており、この当選をそこまで喜んでいないためだ。

関連リンク:「五輪チ

もっとみる

五輪チケットに悲喜こもごも

2020年に開かれる東京五輪のチケット当選結果が発表され、世間は当たった人もいれば、外れた人もおり、悲喜こもごもだ。ただ、わが家ではちょっと状況が複雑。当選しなかった奥さんが"悲しみ"と"喜び"の二役を一人で果たし、その傍らに、当たっても喜べない自分がいる。

歓喜の声

スポーツメディア大手によると、指原莉乃、ベッキー、市川海老蔵、サバンナ高橋、神田愛花らの芸能人が当選。SNS(インターネット交

もっとみる

五輪チケット、認証で壁 「電話つながらない」相次ぐ

#COMEMO

via 2020年東京五輪チケットの抽選販売で、受け付け開始2日目の10日も公式販売サイトの混雑が続いた。本人認証のための電話がつながらない事態が多発していることが新たに判明。不満の声が広がった。大会組織委員会によると、サイトへの累計アクセス数は10日午後6時までで延べ350万件に達した。…

私は特に不満は感じません。想定外というより、ある意味で「らしさ」を発揮されていますね。

もっとみる

オリンピックへの参加を決意した金栗四三のもう1つの理由。

大河ドラマ「いだてん」主人公である金栗四三の手紙が生家で発見された、という記事が熊本日日新聞に掲載されていました。

書かれている手紙の内容は、東京の羽田で行われたオリンピック予選会での出来事でした。

書かれている字からも、真面目で誠実な人柄であることがよく分かります。

ドラマの中では、オリンピックの予選会で優勝しながらも、「オリンピックには出ない」とかたくなに断っていた場面がありました。

もっとみる

2007年8月5日10時キックオフ。女子サッカー決勝戦。熱射病は選手を襲った。そして五輪。

思い出深い1枚の写真だ。場所はヤマハスタジアム。2007年8月5日12:20頃だろう。私は全日本高校女子サッカー選手権大会 決勝戦でフェアプレイ賞のプレゼンターを務めた。表彰式が始まると、何名もの選手が、次々に来賓挨拶の間に倒れ、ピッチ外に運ばれていった。10時キックオフとはいえ試合が終われば真昼間。灼熱のスタジアムでは熱射病が選手たちを襲ったのだ。彼女たちには表彰式の美しい記憶はない。

東京五

もっとみる