見出し画像

3の倍数

初めてnoteに「淀ちゃん新聞」としてアカウントを作ったのが2月。

そこから課題がこなし切れず廃刊にしたのが約3か月前。

私は何をやるにしても「3の倍数」で一度アクションします。
あ、「3の倍数で馬鹿になる」人って、どこ行っちゃったんだろう。

「3日坊主で終わるならやめよう」
「3週間やってみて課題をこなせていなかったら考え直そう」
「3ヶ月やってみて楽しめていなかったら切り替えよう」
「3年経って結果が出なかったら才(器)がない」

などなど。

日本人はラッキーセブンの「7」を筆頭に、「3」が好きな数字の上位なんだそうで。
「日本三大○○」「三本柱」「三つ巴」「三人寄れば文殊の知恵」…確かに「3」にまつわる言葉はたくさん。会社名に「三」を付ける所も。

古代中国の文章で「『三』は、天地が合うと万物を生む穏やかさを指す」とあって、「満つ(みつ)」など縁起のいい語呂合わせとの繋がりもあります。

加えて言うなら日本人は何かの節目に3のような「奇数」と使うことが多い。冠婚葬祭で包む金額は、奇数が多くないですか?
100万とか、束で渡す方とは縁がないな。

分かりやすく説明できるのは、11月15日の「七五三」でしょうか。
いわゆる「節句」は「1月1日」、「3月3日」、「5月5日」、「7月7日」と「9月9日」奇数が重なる日に設定されていて、さらには俳句の構成も「5・7・5」なんてことも。

話を戻して

私がここでエッセイ「まがい」の事を書いて3か月が経とうとしています。

敢えてここで書くことはしませんでしたが、3日坊主で飽きる事もなく、3週間で自らが課している書く上での課題も乗り越えた(つもり)。

そして3か月。
このnoteで文字を綴り始めた頃と比べ、変わりつつある自分がいます。

相変わらず書くことは好きで、楽しんでいる自分がいます。
書くことについて疑問も出て、課題もあって、苦悩するときもあるけど、それを含めて楽しい。「大変を楽しめて」いる。

周りの雰囲気も変わってきました。
「競馬はしないけど書き物は楽しみに読んでいるから、エッセイ用のアカウントを作って欲しい」とTwitterのフォロワーさんからリクエストを頂いたり、

たまーにとんでもない有名な方や、憧れてフォローしている方から「スキ」を頂いて有頂天になったり

noteで読む様々な文章から、思いもよらない知見を頂いてワクワクしたり。

トレジャーハンターのように図書館やネットで調べものをして、自分の中に取り込めた時の快感を味わったり、

その思いをこの「淀ちゃん家」で出したものにサポートを頂けたり…
有難く使わせていただいております。

あ、こないだブルーライト対応の〇眼鏡買いました!(笑)
眼鏡の名産地、福井県鯖江市の眼鏡。


よく見えます。眼精疲労も軽減されて、また楽しい事を書けそうでウキウキしたり。

これだけ「たりたり」言えるくらい「タリーズコーヒー」も好きです。

こんな風に「脳がフェイントする」自分も楽しかったり。

総じて言えば

「自分のことが、少し好きになってきた。」

これって立派な成果。生きていくうえで欠かせないことかも。

1年半程前、心の調子を崩して世の中が全てが敵になる妄想と落胆、生きることを放棄して、毎日包丁を抱えて寝ていた自分も

引き出しの片隅にしまってあるけど、

振り返れば
そんな自分があって今がある。

少しだけ好きな自分になれるまでに、約半世紀かかったけど、なれてよかったと思います。

そんなきっかけを与えてくれた友人や知見、画面の向こうでこれを読んでくださる皆さんに感謝して、自分をもうちょっとだけ好きになろう。

そして、読んでくれる誰かの心が少しでも強く、軽く、丸くなるように。

今度は3年経ったときに

皆さんに堂々と出せる結果につながるように、少しずつ布石を打ち続けようと思います。

書いて生きていく人生を選択した自分を、もっと好きになるために。


                          (3の倍数-Fin-)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは競馬協賛レース貯金と、失業したので自らの糧と文字を綴る栄養へ。あなたのほんの少しの施しで私は生かされます。

私も(∩´∀`)∩♬
11

玖躬琉(くくる)@砂短

無料競馬予想サイト「砂短のいまさら馬券理論2nd」淀ちゃんとしてデータ構築分析担当。「玖躬琉の部屋」ではエッセイらしきものを。「こちら砂短ラボラトリー」ではスタッフ裏話や学んだものを。「回光返照」(有料エッセイ)では自らの人生を省みて今まで口に出来なかった想いをそっと。

玖躬琉の部屋

淀ちゃんの中身が語る「玖躬琉(くくる)」の長い独り言や自身の経験を織り交ぜたエッセイらしきものもこちらで。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。