見出し画像

朝食は、いちばん好きなものを食べよう

「おかぁさぁぁん、お腹、空いたぁぁぁ!」

子どもが布団のうえにドスンと乗っかり、私の朝ははじまる。

うーん。今日はどっちかな?

重すぎる瞼をあけて確認すると、そこにはどアップで長女の顔。あ、お姉ちゃんのほうか。

「何が食べたい?」と聞くと。

「グラノーラ」と即座に答える娘。最近のお気にいり朝食らしい。

「グラノーラは、牛乳かける?それとも、ヨーグルト?」

「……牛乳、あ!やっぱりヨーグルトにする!!」

「はーい。じゃあ、今日の朝ごはんは『ヨーグルグラノーラ』ね」

そう言って、よいしょと起きあがり台所にむかうと、「ヨーグルグラだってぇ…グルグラぁ…」と娘がクスクスと笑いながらついてきた。

* * *

4歳の長女は、「食べない子」だった。

過去形なのは、最近になって「ちょっとだけ食べる子」になってきたから、なんだけれど。

3歳頃までは、食事のたびに「いやだ」「たべない」のオンパレード。

そんなわが子にバランスよく食べさせようと、朝早くから台所にたち、こまかく刻んだ野菜ミックスとウインナーで、チャーハン、オムライス、カレー、コンソメスープ。定番のお子様メニューの数々をつくっては「今日はどうだ」とばかりに朝食にだす。

しかし。

「いや!」の一言にいつも撃沈。

そのあとは出発時間ぎりぎりまで「長女ちゃん、少しでも食べないと保育園でお腹空いちゃう」「いや!!」のラリーを続け、なんとかバナナとヨーグルトだけを食べさせて家をでる日々。

たまらず、保育園の担任の先生に相談すると。

「え、長女ちゃんが?意外ですね。園ではお昼ごはんをしっかり食べていますよ」とのこと。

まさか!?信じられない……という顔の私に対して、先生はこう続けた。

「長女ちゃん、園では食事をとても頑張っていますから、安心してください。朝ごはんは、食べられるものを食べてきてくださいね。バナナでも、ヨーグルトでも

……そっかぁ。頑張らなくてもいいのかな。

先生のその言葉で、食事づくりに消耗していた当時の私の心は、ストンと軽くなった気がした。

「朝は、みんな好きなものを食べようか」

毎朝、娘に対して「何が食べたい?」と聞くことが私の日課になっていった。

* * *

そうそう。3児の母である私の朝は(おそらく世の中のパパママと同様に)おそろしく慌ただしい。

すこし前までは仕事をしていたので、4歳と2歳をつれて7時すぎに家をでていた。

いまは、3人目の育休中で、すこし余裕はできたけれど。

生後間もない赤ちゃんを含む3人の子を、ひとりでみる朝の時間は「慌ただしい」の一言に尽きる(夫は、子どもが起きる前に出社することが多い)。

正直いうと、チャーハン、オムライス、カレー……リクエストされても準備する時間ないよね(笑)

「朝ごはんは、何食べる?」に「グラノーラ」と答えた娘に対し、内心ガッツポーズする私。

娘といえば「グルグラ、グルグラ、」と拍子をつけて歌いはじめた。

私はその間に、冷蔵庫からプレーンヨーグルト、戸棚からフルーツグラノーラをだして、ぽんぽんとカウンターの上に並べる。

今朝は、下の子がまだ起きていないから、気持ちに余裕があるぞ。

「グルグラにバナナいれる?」と、娘に聞くと、「あ、いるいるー」と、いいお返事。

バナナを1センチ角に切る。そのうちに、2歳の息子も起きてきた。

「今日の朝ごはんはねぇ、グルグラ!なんだって」

さっそく弟くんに教える姉。「うわぁぁぁい」と、なんでも喜ぶ弟。

「はい、ふたりとも。台所仕事はおしまい。テーブルいくよ」

みんなで手分けをして、朝ごはんを運ぶ。

弟くんはスプーンとお皿もって、お姉ちゃんはヨーグルト。私はグラノーラと小さく切ったバナナ。

さ、朝ごはん朝ごはん。と席につくと同時に、

「ふ、ふ、ふ、、、、ぎゃぁぁぁ~~」

ベビーベッドで気持ちよく寝ていた0歳児が泣きはじめた。あららら。お母さんはちょっと赤ちゃんの相手しなきゃねぇ。

「長女ちゃん、グラノーラとヨーグルトとバナナをお皿に入れてもらってもよい?」と、ためしに聞いてみると、「やる!」とはりきる娘。

「弟くんの分もお願いしまーす」

「わかりましたー」

4歳ともなると、こんなにお手伝いが出来るようになるのかぁ…と、なんだか胸が熱くなる。

さてさて、ミルクをつくり、泣いている0歳児のもとへ急ぐ。

横目で子どもたちの様子をみると、長女が豪快に袋に手をつっこみ、グラノーラをわしづかみ。そのままお皿へ、ぐしゃっといれる。
あーあー、テーブルにも床にもボロボロこぼれているじゃないか……。
やれやれと思うけれども、まぁ、好きなようにさせておく。

つぎは、ヨーグルトの容器にスプーンをいれ、丁寧にお皿まで運ぶ......って長女ちゃん!ヨーグルトとお皿の距離が遠いよ!それじゃ途中でこぼれちゃう。と思いきや、ここはセーフ。

最後は、バナナをちょんちょんとお皿にトッピング。

テーブルのまわりはグラノーラだらけだし、4歳と2歳は口のまわりにべたべたとヨーグルトをつけて食べはじめた。

うん。でも、まぁ上出来な朝だよね。

子どもたちは、朝から好きなご飯をたべてご機嫌だし。

私も、(今のところ)笑顔。

「朝ごはんは、食べられるものを食べてきてくださいね。バナナでも、ヨーグルトでも!」

あのときの保育園の先生の言葉を、これまで何度もおまじないのように唱えて朝を過ごし。

3児のお母さんになった私は、ずいぶん強くなったのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます。 「いいな」「面白かった」で、♡マークを押してもらえるとうれしいです。 (♡マークを押すと、『プロフィール欄』に書ききれない自己紹介がでます!)

独身時代は東中野、今は東京下町に住んでいます
221

ヨリ

5、3、0歳の3児の母(30代)、2019年は育休中。ひきこもり生活の日常をつづります。北のほう出身、都内賃貸マンション暮らし。美味しいコーヒーで回復する。整理整頓が趣味。暮らしのブログも運営中▶http://yorimichi-kazoku.com/

ひきこもりエッセイ

育休中のひきこもり生活中心のエッセイ。
2つ のマガジンに含まれています

コメント10件

手がかかるのは今ですが、思春期には気がかかり、現在、金のかかる子育て期を過ごしています。笑
毎日が何かの記念日みたいで大変な分、楽しさ3倍ですよ!
片岡ハルコさん、
楽しさ3倍、最近少しずつ感じはじめてきました♡
思春期の気がかり、そして学費…今から震えています、笑
イイね!😊
ショウタロウさん、ありがとうございます😆!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。