【第26話】イノシシよ、今から君を仕留めます①

◇見方によっては、もっとも残酷なシーン

 ついにこの日が来た。初めて「止めさし」の現場に立ち会うのである。

 止めさしとは、わなに掛かった獲物にとどめを刺すという狩猟用語だ。わなや網にかかった獣はすぐには死なない。だから早くラクに死なせてあげる目的と、あとは(今となってはこちらの方が優先順位が高いかもしれないが)大事な商品である肉が傷まないようにする目的がある。何日も暴れて怪我をしたり、乳酸が溜まりまくった肉は目も当てられない。

 見方によっては、残酷なシーンだろう。

 動物の命を奪うことに心を痛め、菜食主義者に転身する人も少なくないみたいだし。それも一つの選択。でも自分は、そうは思えないんだよなぁ。動物はダメでも、植物ならOKなのか。植物が傷みを感じないとは断言できない。彼らは切ってもまた生えてくるから、殺したことにならないとか? だとしたら根ごと抜いちゃう大根はダメでしょ。逆に、菌糸が木の中で繋がっているシイタケは、根絶やしにしない限り殺したことにはならない? じゃあシイタケ1本1本の個性は無視されるのか?? 株で分かれている水菜は?

 っつーか、命の単位なんてどこで区切ったらいいのか分かんないよ!

 紆余曲折を経て、「だったら全部平等に喰っちゃえ」というのが自分の結論だ。ただし「己が生きるために相手を殺す」という業をきちんと背負った上で。背負ったつもりになって、いったい何になる? 分かりまへん。きっとこれは趣味の問題でしょう。

 業をギンギンに感じるために、この島に移住してきたのだから。

※以降、動物の死体などの写真が出てきます。苦手な方は見ないでね、と一応お断りをしたところで、安心してグイグイ先に進みますよ。


◇最初は、銃で行きます

 さて、今日の午前中にイノシシが2頭かかったと連絡があって、夫と共に向かうことにしたのだった。どんな状況になるか分からなかったが、一応長靴、汚れてもいい防寒ズボンにホッカイロ2枚使い。リュックとカメラバック背負って、ちょっとしたミリタリールック。

 イノシシの止めさしは、だいたい銃。バットで撲殺とか首絞めは危険すぎ(肉弾戦になったら確実にこっちがやられる)。最近では、銃痕などで肉の傷む心配のない電気ショックが人気だ。今回は、銃と電気ショックの両方が見られるお得なコースとあって胸が高鳴った。銃での止めさしは夫が受け持つことに。動物に当てるのは初めてのデビュー戦だ。

 今日はプロ猟師ヒデさんとのタッグだ。最近新調されたヒデさんの軽トラは、なぜかひと昔前の携帯電話みたいなシルバーピンク。お洒落を狙ったのか、たまたま安かったのか。そんな謎をよそに、みかん畑が広がる道を奥へ奥へと進んでいく。

 途中で畑の持ち主の農家さんと落ち合い、茂みの中へ。舗装された道路から、30メートルも離れてない場所に――いた!

 「括りわな」に足を捉えられて、身動きがとれないイノシシ。子どもかな?ちょっと小さめ。こちらの姿を認めるやいなや、逃げようと激しく暴れる。こういう場合は、離れた場所から止めさしのできる銃の出番だ。

 狙いを定める夫。その距離10メートルと言えど、こめかみに一発で仕留めなければいけないという緊張感がピリピリ漂う。腹なんぞに当てた日にゃ、肉は台無し。初仕事を失敗した新米猟師に、今期のオファーはなくなるであろう。そんな初心者オーラが相手にも伝わったのか、「おう、来るなら来てみろ」とにわかに挑戦的になるイノシシ。

 パン!

 乾いた音が響いて、相手が崩れ落ちた。私は2メートルほど脇で見守っていたが、銃声は耳栓が必要なほどではない。運動会の空砲より静かかも。

 こめかみよりやや上であったが、見事命中。勢いはなくなったものの、まだ動きは止まらない。

 恐る恐る近づく。

 貫通してますね。

 必殺仕事人ヒデさんが近づくと、足をバタバタさせる。それが私には「嫌だ死にたくない」と訴えているように見えた。農家さんに手伝ってもらって足を押さえる。

 ヒデさんは刃渡り20~30cmほどあるナイフを一気に心臓に突きさして、血を抜いた。血は熱いので、肉が傷む。血抜きは早いに越したことないのだ。それにしても、よく毛皮の上から一発で場所分かるよなぁ。

 血を出した後は、ワイヤーで鼻っ面をくくり、引きずって軽トラに乗せる。今回のイノシシは30キロ級だからまだいいけど、100キロ級の巨漢になると移動が大変だ。だからわなを仕掛けるときは、車が入る場所からの距離を計算しないといかんのやね。山奥に行きゃいいってもんじゃない。

 次の写真。載せるか迷いましたが、やっぱり載せます。弾丸を打ち込まれた衝撃で目玉が飛び出ています。これが死ぬってことです。それは、自分もいつかこの立場になることがあるかもしれないってことです。

 身体をゆすって、肉の付き具合を確かめる。数をこなせばだいたい分かってくるのだそう。

 よいっしょ。

 ヒデさんのおしゃれ軽トラに積み込んで、1件目終了。次も同じ農家さんの畑ですが、皆さんお待ちかね「止めさし電気ショックver.」のご登場です。死刑でも電気椅子が使われるぐらいだから、苦しまずに即死できるんじゃないかな。

 ……という予想は大きく裏切られることになるんだけど、今日はここまで。次回に続きます。

                           (続く)

→目次を見る


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがたく、歯の治療費に使わせていただきます。インプラントで総額120万円…。治療レポートも書きまっせ!

あなたのラッキー運がUPしました🌸
14

「へっぽこ大航海時代」フリーランス嫁 &元会社員夫の移住日誌

東京から瀬戸内海の島へ、移住3年目。迷いに迷うフリーランス嫁と、新米ハンター夫の「へっぽこ移住」実況中継。目指すは「自給自足」?!

コメント2件

「いのちの食べ方」という映画を見てから
イノシシやウサギやニワトリの解体に興味があります。
"載せるかどうか迷った写真"についてですが
僕はもっと知りたいと思います。
なぜなら、僕は「これが死ぬということ」ではなく
「これこそが生きるということだと思う」からです!
ありがとうございます(^^)

養殖の現実は結構ショックで、ひよこの雌雄を分別する際に雄が吸い取られるホースの先がゴミ箱と繋がっていたときに、何か自分のスイッチが入った気がします。

解体の詳細については、この後の記事で書くつもりです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。