見出し画像

私が、noteを始めた理由 … そして今後

昨年末から、「note」をスタートして、10ヶ月目。
気がつけば、4000名近くの方々にフォローして頂き、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

この note 運用を含めて、Webサイトの件で、大変お世話になりました
Takumi Hasegawa (unshift)さまのページに、当教室の、新サイト作成時の事を、記事にして頂きました。


Hasegawaさんと、ご縁があり、初めてご挨拶させて頂いたのが、ちょうど一年前。
記事にもありますが、当初、私からのお願いは、

遠方で料理教室に来られない、時間が取れない等々、諸事情で、
ご参加できない方々のため、レシピを掲載するWebサイトを作りたい。
でも実際にお金を払って料理教室に来ていただける方もいるので、レシピは有料で公開したい。


プログラミング、ネット関連の専門知識がない私。
「こうしたい、ああしたい」と、頭で勝手に思い描いた様々な要望を、
Hasegawaさんが、こんな風にまとめられて、note運用のご提案&新サイト作成をして頂いたんだ…っと、一連の流れが、この記事を読むと、良く分かります。

こちらこそ、本当に、お世話になりました。
ありがとうございました。

☆Takumi Hasegawa(unshift)さまの各サイト


******************

そして、お薦め頂いた note 活用の今後。

レシピ集(有料)を作成していきます。
「過去レシピ」と言っても、改めて、レシピチェックをして、写真も撮り直し、ブラッシュアップしています。

その見本(サンプル)として、2つのレシピを掲載致しました。

材料の分量、作り方を、紹介しているだけでありません。
料理教室に、ご参加頂いた方々が、気になったり、疑問に思われて、質問された事、時には、失敗をされて、その対応、等々。
この14年間、料理教室を続けてきた「ノウハウ」を、全て詰め込んでいます。

また、実際に、調理する時に、とっても便利!と言って頂いている
アルベロ独自の手書き「料理手順書」も添付しています。

これは、スマートフォンや、iPad等で開いてもらい、キッチンの横に置いて、料理をして頂くのに、ピッタリのアイテムです。

☆鶏肉とじゃがいものオーブン焼き

☆ボローニャ風ミートソース

☆ボローニャ風ミートソースのタリアテッレ


調理のポイント、美味しさに繋がる情報も、掲載。


教室で、お伝えしているイタリア郷土料理・食文化についても、
今後、まとめていく予定です。


noteで、料理教室に参加されているような感覚に…。
「イタリア郷土料理本」「料理辞典」を読んでいるような感覚に…。

読者の方々に、そんなふうに感じて頂けるように、
ここ、「note」というフィールドで、ひとつ、形にしていきたい、と考えています。


gooブログに綴っていたイタリア全20州を巡った旅行記も、順次、こちら note に移行中です。
 (手作業となりますので、時間が掛かります。ご了承願います)

他の過去記事は、下記gooブログで、ご覧頂けます。


遠方の方々、お忙しくて料理教室には通えないという方々に。
そして、料理はもちろん、イタリアに、ご興味のある方々に、
是非、ご覧頂けたらと思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
13

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 大好きなイタリア全20州を巡った旅行記、アルベロの活動、美味しい情報を記録として綴っていきます。 アルベロレシピ集マガジンも作成予定です。 料理教室のお申込、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/

オフィスアルベロの活動

料理教室のご案内、日々のあれこれを掲載します
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。