執筆屋あんちゃ

ネットに生きるカリスマコミュ症。ただのOLから執筆屋になりました。月間30万人に読まれるブログ《まじまじぱーてぃー》運営中。下ネタと人生哲学が生きがいです。著書『アソビくるう人生をきみに。-好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略』カドカワから発売中!
固定されたノート

【1400部突破!】Instagram開始10日でフォロワー1000人!誰も教えてくれないインスタ攻略術

【販売1400冊突破!】

【4/5:3000文字ほど追記しました】
【4/6:さらに2000字ほど追記しました】
【4/12:さらにさらに2000字追記しました】
【4/23:もういっちょ2500字追記しました】

★【5/25:購読者のみなさんからのQ&Aを2000字ほど追記しました!】

-------------------------

ブロガーあんちゃです!
最近Instagramに力

もっとみる

誰かの人生を変えるほどのコンテンツを作るために重要な要素

個人の情報発信において、「受け手に共感してもらえるコンテンツを作る」というのはひとつ大事な基準になると思ってます。

「あ、この人わたしが心の奥で思ってたことを伝えてくれている」
「そうそうめっちゃわかる!」

こういう共感の気持ちは、発信者側と心の距離が近くなり、継続してコンテンツを受け取ってくれたりするから。

現代はなおさら「繋がっているようで繋がっていない表面的な人間関係」が増えたからこそ

もっとみる

本当の効率とは何か。2019年5月の売上報告

どうもあんちゃです!毎月恒例の売上報告と振り返りです٩( ‘ω’ )و

今回のnoteでは

・5月の収益報告と簡単な振り返り
・運営メディアの簡単な振り返り
・マルチタスクは一歩間違えるとめちゃくちゃ遠回り説

について書いていきます!
はしくれ執筆屋のリアルな数字と感想をご覧ください٩( ‘ω’ )و

※お金を稼ぐノウハウや細かい収益解説などは書いていませんので予めご了承ください。

▼購

もっとみる

令和時代の発信2.0は「二項対立を調和できる人」が活躍する

これからの情報発信のあり方、みたいなものをよく考えたりするんですが、

今後は「二項対立を調和できる人」が活躍していくんじゃないかな、と思ってます。

だし、わたしもそういう人を増やしていきたいなと。

じゃあなんでその考えに至ったの?って話を今日は書いていきます。

▼購読者の反響

※この先は有料ゾーンになります。この記事単体だと250円ですが、月額マガジン「Web発信力で、自由に生きる」(月

もっとみる

「コンテンツを作るために体験をする」という逆転現象の弊害

発信している人あるあるだと思うんですけど、コンテンツを作るにあたってネタ切れになったとき、
「ネタ探しのためにどっかいくか〜」みたいなときってあると思うんですよね。

わたしも最初の頃は毎日ブログを書くのを目標にしてたので、必死でネタを探すために走り回ったりしてました。

それはそれで良い経験だったんですが、これが行きすぎると根本の大事な部分を見失うな、と思ったんです。

▼購読者の反響

もっとみる