ボランティア神・尾畠さんの食事

 山口県周防大島町で、行方不明になっていた藤本理稀ちゃん(2)を発見し、一躍、時の人となり、ネットではボランティア神・尾畠さん(78歳)として大人気。

 その人の年齢(体の年齢)を見るには顔の頬と首を見れば一目瞭然。余命が短い人はココの筋肉が痩せ衰えて、スジと骨皮だけ(汗)
 尾畠さん(78歳)の場合は、少し年齢が出ているものの、生気があふれて筋骨がしっかり。

 私がどうしても知りたかった元気一杯の尾畠さん(78歳)の食生活。その概要がわかりました。
  「野菜を中心に肉&魚をたっぷり。甘酒は大好物

 なんと、トリ仙人が10年以上追い求めていた「健康長寿ダイエット 100歳でピンピン」を実現する◆ 食事 ◆方法
  「整腸・快便対策10項目で、必殺の高免疫力を獲得!!
 と酷似していました(汗)。

 尾畠さん(78歳)は、地元で人気の鮮魚商を65歳で引退し、ボランティア活動一筋の生活。40代から始めた登山はすでにプロの域。美食を求めず、カロリーよりも栄養重点の健康な食生活

 唯一の弱点だった飲酒も、70代になってからは断酒。
 飲酒は1日に1~2杯が最も長寿といわれていましたが、最新の世界的調査で、1日に2杯の人は1杯の人より数年短命(脳卒中と心不全が多発)という結果が。そして休肝日を設けるとさらに長寿という結果も。

 また、旅行を楽しみたいという奥様との穏便な別居生活も、ギネス長寿者は、ストレスの無い単身生活がほとんどというデーターと合致していますね(汗)

⇒ ◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです。
1

◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿

健康長寿ダイエットで"100歳でピンピンコロリ"。 そのためには体づくりでの足腰の筋肉増強と、高免疫力(整腸・快便)を獲得する食べ物選びと下半身の保温対策の両面が必須。 そのために、有酸素運動(メインはウォーキング)にスロー筋トレを組み合わせての足腰の筋肉増強。ウォーキング...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。