オスロの観光モデルコース コーヒーとカフェ、アート、ファッション好きのあなたに

週末に、日本での大学時代の友人が遊びに来てくれました。

2泊3日の私たちの観光プランをご紹介します。

※私の友人の訪問は2回目だったので、定番のムンク美術館と国立美術館、カフェ「フグレン」は、今回は外れています。

初日

夜遅くに到着したので、オスロ中央駅にあるスーパーで、お土産などを早速購入。

この日は、夜はおしゃべりに明け暮れて、そのまま就寝。

2日目

カフェJavaでブランチ

遅めの朝ご飯を、まずはカフェ「ヤヴァ」にて。

この日はまだコーヒーを飲む予定だったので、私たちはエチオピアのコーヒーとホットチョコレートをシェアしました。

甘いヤギのチーズ「ブルノスト」がのったパンと、意外とどっしりとしたデザートと一緒に。

公園を散歩

紅葉が綺麗な週だったこともあり、自然が綺麗な公園を散歩。

Tom Woodで買い物

ノルウェーのファッションブランド、トムウッドがセール中だったので、友人は指輪2個と冬コートをお買い上げ。

指輪はなんと、1個1500ノルウェークローネ以下でした。

ノーベル平和賞の授与式も開催される、オスロ市庁舎へ

この日は結婚式があったようで、2階に飾られているアートは見ることができませんでした。

オスロ市庁舎内は、アートがたくさん。

写真の著作権が実はとても厳しいので、写真は載せずにおきます。

アーケルブリッゲを散歩しながら、カフェ「ヴィンゲン」へ

オスロフィヨルドの美しさを散歩しながら、アーケル・ブリッゲ地区を歩いて、そのままトゥーヴホルメン地区へ。

食欲旺盛な私たちは、まだお腹が空いていたので、カフェVingen Barでさらにご飯を食べました。

アストルップ・ファーンリ現代美術館で奇妙なアートの世界に浸る

カフェからそのまま美術館の中へ。

現在はノルウェーのアーティストを特集中。

寿司レストラン「ハナミ」で、忘れられないディナー

美術館から徒歩で5分のところにある、高級寿司店「Hanami」へ。


もはや、醤油はいらないほどに味付けされた、日本では見ないようなお寿司をいただきました。

高いが、おいしい。

記憶に残る「ノルウェー版寿司」を味わうなら、ぜひここへ。

私はこの日は誕生日だったので、友人がディナーをプレゼントしてくれました。天使。ありがとう。

映画館で「アリー/スター誕生」を鑑賞

寿司屋から徒歩で15分ほどのところにある、Saga映画館で、「アリー/スター誕生」を鑑賞。日本では12月に公開されるようです。

映画と音楽が好きなら、ぜひ。私は好きでした。DVD買うと思う。

この日は、これでおしまい。

3日目

友人の帰りの飛行機が夕方19時だったので、それまでのコースです。

意外といろいろ動いていました。

荷物はオスロ中央駅内のロッカーに預けて、出発。

カフェ「Supreme Roastworks」で朝ご飯

コーヒー好きなら、ここも来なきゃね。

買うなら、このエチオピアの豆をぜひ。


「オスロでは、コーヒー豆をお土産に」というトレンドを、私は作りたいのです。

バリスタさんも、一緒に記念撮影。


だしバーで栄養ドリンク

まだお腹が空いていた私たちは、グリーネルロッカ地区にある「だし」バーへ。ここ、おすすめです。まだ知っている人は少ないと思う。


カフェ「Tim Wendelboe」でさらにコーヒーを飲む

オスロに来たら、コーヒーを飲まなきゃね。

色々とお店もまわる

グリーネルロッカ地区にある、ファッションもお店もいくつか速足で回りました。

フランスのヴィンテージショップ「Fransk bazar」や、セレクトショップの「Luck Oslo」とか。

フードホールでフィッシュ&チップスを食べる

友人が飛行機に乗る前に、早めのディナーを。

フードホール「マートハーレン」で、人気のフィッシュ&チップスをいただきました。


オスロはこのように楽しむこともできます!

このプランに、定番の観光スポットを盛り込むと、さらにいいかも。


友人は、24時間限定の公共交通機関のチケットを買って、バス・路面電車・地下鉄に乗りました。


ご参考までに。

Photo&Text: Asaki Abumi

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今後もノルウェーのことを、日本へと発信し続けられるように。 物価が高いノルウェーで、よりよい原稿を書くための取材経費として投資させていただきます。

Takk!(タック!)ノルウェー語で「ありがとう」
31

無料で読めるノルウェーからの便り

noteで無料公開している記事をまとめています
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。