10キロあたり2808円の原価

私も農作ばかりだと現金収入にならないので、10月11月と忙しく働いておりまして、休みの日には豆類の収穫やら春野菜の世話やらしておりました。忙しさもひと山超え、ホッとしたのか、風邪などひいてしまいました。

そんな時は外に出るわけにもいかず、かと言って、のんびりできない性質ですので、今年の稲作にいくら使ったのか計算してみました。

そうしたら、私の無肥料、無農薬のお米は10キロあたり2,808円の原価ということが判明しまして。...これ、めっちゃ高いな。なにしろ原価ですから、私や息子の労働時間は一切入っておらんのですね。毎日の見回りだけでも小1時間ですから、田植えから稲刈りまで120日だから約120時間。プラス田んぼの整備、田植え、除草、稲刈り、あぜの草刈りなど入れれば軽く200時間にはなります。1時間750円の時給としても15万円分は働きましたよ。でもそれをお米の値段に入れて計算すると...。10キロで15,000円のお米になっちゃいます。

実際は今年の出来があまりよくなかったので、このような値段になってしまっています。2俵しか採れなかったので。(1俵は60キロ)これくらい採れるといいな、という4俵で計算してみると...そうすると自分たちの労働分も入れて7,600円になります。

10キロ7600円のお米、どうです?高いですよね。ちょっと考えて行かなくてはなりません。

無肥料、無農薬のお米というのは最近ではよく売られているようですが、この「あそのなかストア」はよくあるサイトとはちょっと違う感じ。就農したての人からベテラン農家さんまで、各生産者の方がそれぞれの米作りのストーリーが掲載されているのですが、ものすごく詳しい!特に無農薬での除草の苦労など、涙なくしては見れません。はい。共感しまくりです。しかもお米すっごい安いやん!こんな値段でええんですか?って言うくらい。

いやいや、農を「業にする」ってホント大変。でも毎年違うから面白い。やったことがちゃんと結果になる。やらなかったこともちゃんと結果に出る。今年はどうなるんだろう?ドキドキです。小さな積み重ねが大きな結果になるし、逆に小さなサボリが大きなツケで返される。1年1年が経験になる、けど経験があだになる場合も、あります。稲作りは素人もベテランも、誰でも10年やっても10回しか作れません。だから毎年真剣になる、とてもやりがいのある仕事です。だけど、お金に換算するってなると、とても色々難しいですね。どう考えてもTPPに負けちゃいますね。

来年の稲作をどうしていくか、私なりに今から色々考えています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。好物は「堅揚げポテト塩味」です。
56

Yuki

おなごがひとりで始める小さな田んぼ

自給の中でも難しい稲作を女がやったらどうなるか、と、写真中心に紹介していきます。

コメント4件

「あそのなかストア」も、Yukiさんも、熱量がスゴイ!
今年初めて、自然栽培の米農家さんへ草取り援農に行って米の単価の話を聞きました。
収量を上げるのとブランディング、そこにかける手間のせめぎあい、、とても印象に残っています。
mizunoteさん、いやぁ、なんか暑苦しくてすみませんwww。あそのなかストアはおなじようなことしてる私も応援したくなっちゃいます。
tatsuyaさん、本当にそうなんですよ〜。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。