見出し画像

頑張るために、頑張らない

痛みで目が覚めた。

右手が頭の下敷きになっていたからか、指先は冷たく、掌がピリリと痺れている。頭が働かないまま、体の感覚で「寝すぎたかも」と思った。

片足だけ布団から出してみる。ひんやりとした空気に触れた部分が気持ちいい。

小さく息を吐いて、目を閉じて、今日やるべきことを一つ、またひとつと思い浮かべる。

リビングから聞こえる、秒針の音。

ああ。

心は焦るのに、体はちっとも動かない。


.

フリーランスに定時はない。

満員電車の息苦しさも、上司への気遣いも必須じゃない。

だからと言って、ストレスが少ないわけでもない。

仕事へのプレッシャーや、人間関係、原稿の締め切りと減らないタスク。slackの未読通知数を見て、また少し気が遠くなる。

働き方の自由度が高いぶん、自分でコントロールすべきことは多い。

自分を乗せた船の舵をしっかり握れているうちはいいけれど、雲行きが怪しくなって行き先を見失いそうになったり、荷物が重すぎて舵が思うように取れないと、気持ちばかりが焦ってしまう。

いつだって冷静でいられたらと願うが、舵のコントロールが効かなくなればなるほど、平静さを保つのが難しくなる。

改善されない状況、コントロールできない自分。

それらに苛立ち、歯がゆさを感じてしまえば、舵を握ることも怖くなってしまう。


.

「頑張らないと、しっかりしないと」

いつかの私は、舵を握るのが怖くなってしまったとき、そう自分に言い聞かせていた。

自分で自分を鼓舞し続けて、心をすり減らして、でもそうすることでしか生きていけないとすら思っていた。

頑張るために、頑張ろうとする。

それに限界を感じたのは、今年に入ってからだった。

頑張ろうと思えばおもうほど、心は焦るのに、体はちっとも動かない。

やっとの思いで布団から抜け出し、PCを開いても、思うように物事は進まないし、タスクは減っていかないのに、疲労感だけが上乗せされていく。

頑張るために、頑張ろうとすることは、非効率なうえに自分の首を締めるだけだと気づいた。


.

「頑張らなくて、いいや」

いつも以上に頑張る必要があるのに、体が言うことを聞かないとき、無理に自分を鼓舞するのではなく、弱い自分を認め、許すことを覚えた。

どうしても気持ちに体がついていかないなら、今日はそういう日なんだと諦めて、仕事とは関係のないことに手を出してみる。

2ヶ月前に買った雑誌をパラパラとめくってみたり、冬服を押入れにしまったり、Netflixでずっと見たかった海外ドラマを見たり。

一見、無意味に思えるようなことも、「回復」の時間と捉えるならば、そこにちゃんと意味は生まれる。

頑張れる状態を作ってから前に進むほうが、振り返ったときに「近道」だったなと思える気もする。

だからもう、頑張るために、頑張らない。


.

リビングから聞こえる、秒針の音。

大丈夫。

心はもう、焦っていない。

ライティングを学び合う会員コミュニティ「sentence」のメンバーが、月ごとのテーマに沿ってマガジン「gate, by sentence」を更新していきます。
4月のテーマは『みんなのコーピング』です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

う、うれしい……!!!
41

なかがわ あすか

フリーライター。1994年 滋賀県生まれ。人の頭にドラマを描くような文章を書きます。

gate, by sentence

ライティングを学び合うコミュニティ「sentence」の会員が運営する共同マガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。