研究の流行を追ってみる

今回は自己愛(ナルシシズム)の研究がどうやって広まってきたのかを見てみたいと思います。これをひとつの例として,ある領域の研究が始まり,広がっていく様子を一歩引いて眺めてみようという試みです。

1980年代と90年代,そして21世紀に入っても,特にアメリカのパーソナリティ心理学ではナルシシズムの研究が盛んに行われてきました。特に初期は,今のように市民権を得た概念ではなく,少し変わったテーマという位置づけでした。

下でも書きますが,2011年から2018年までの8年間に,“narcissism”をキーワードにもつ論文・文献は2500本以上出版されています。もともと精神分析学上の用語だったのに,いまでは基本的かつ重要なパーソナリティ傾向のひとつとして扱われるくらい,メジャーな概念になって広まってきたということです。

このように概念が広がると,初期の頃に研究していた研究者はその開拓者とみなされます。研究者としては,自分の研究がそうなってほしいという願いをもつものではないでしょうか。

では研究が広がっていく背景には,どういった要因があるのでしょうか。

目次

・自己愛の研究数
・精神分析学の概念
・測定される概念
・測定の基礎研究
・理論的展開
・さらなる躍進
・概念の流行

自己愛の研究数

下のグラフは,心理学関連の論文データベースPsycINFOで"naicissism"がキーワードに使われている文献(論文や書籍)の記事数をしらべたものです。

グラフを見ると,1980年代から文献数が一気に増加してきたことがよくわかります。2011年以降だけでも,2500本以上の記事がデータベースに登録されています。8年間ですので,年間300本以上です。

そしていまのところ,その衰えは感じさせません。

精神分析学の概念

もともと自己愛(ナルシシズム)は,フロイトのエッセイ“On Narcissism”という文献で取り上げられたことで知られるようになりました。しかし,1960年代になるまで,その概念はほとんど注目を集めることはなかったようです。

上のグラフでは1960年代から記事が増え始めていますが,これは精神医学的な領域で,パーソナリティ障害のひとつとして自己愛パーソナリティ障害の症例が取り上げられるようになる時期に重なります。

1970年代にオーストリア出身でアメリカの精神分析学者で自己心理学を確立したハインツ・コフートが自己三部作の著作を発表します。

また,同じくオーストリア出身でアメリカの精神分析学者カーンバーグも,自己愛をめぐってコフートと論争を展開します。このあたりから,自己愛という概念が注目されるようになってきます。

こうした臨床上の展開は,1980年の精神障害の診断と統計マニュアル第3版(DSM-III)に,パーソナリティ障害のひとつとして自己愛パーソナリティ障害が掲載される動きへとつながっていきます。

測定される概念

臨床場面や精神医学の文脈だけでなく,調査を行う心理学研究の文脈でも,自己愛という概念が注目されるようになっていきます。それは,1979年にラスキンとホールが自己愛人格目録(narcissistic Personality Inventory; NPI)という尺度を開発したことから始まります。

この続きをみるには

この続き:2,767文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
研究者の生活についてまとめた,研究とはどういうものか,研究者は何を考えるのかなどを知るためのセットです。

研究活動,研究生活,研究環境に関連するトピックを集めました。研究とはどういうものか,研究者は何を考えるのかなどを知るためのセットです。

2018年7月〜12月に公開されたバックナンバー記事181本をすべて読むことができます。ただし,不定期日記は定期購読者限定の記事となっています。

2018年7月〜12月に公表されたバックナンバー記事181本のセットです。noteを始めてから2018年中の記事をすべて読むことができ...

または、記事単体で購入する

研究の流行を追ってみる

Atsushi Oshio

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Muchas gracias!
1

Atsushi Oshio

日々是好日

【最初の月は無料です】毎日更新予定の有料記事を全て読むことができます。このマガジン購入者を対象に順次,過去の有料記事を読むことができるようにしていく予定ですのでお得です。心理学(特に性格を研究する心理学)の話題や,学問の話,大学の話,考えていること,その他日々のあれこれ。
2つのマガジンに含まれています