良い文章について考えたことはありますか?



良い文章とは、読み手の心を動かし、分かりやすく表現している文章です。

読み手の心を動かす要素は3つあると思います。



①新たな情報に触れ、学びを得られる

SNSが普及し多くの記事で溢れ返っています。可処分時間が限られている今、既知の情報しかない文章よりも、読み手の興味ある分野の中で彼ら自身のテリトリーを超えた情報がある文章の方が、興味関心が生まれやすいです。



②読み手のニーズを捉え共感が生まれる

どの文章においても、読み手が存在します。読み手は、何かを求めて文章を読んでいます。読み手が求めていることを分かりやすく言語化すると共感しやすくなります。

また、読み手自身が想像力を働かすことができる文章だと、読み手の生活に転用しやすくなります。原体験や先人の言葉や例え話などを用いるとより分かりやすいでしょう。

さらに、言葉の表現が繊細であればあるほどその人らしい文章ができます。


③書き手の魂がそこに宿っている

文章は心の表れであり、どの文章にも性格や信念や魂が込められています。
有名なライターの方々はよく


「なんども読み返しては修正して、世の中に出した後も修正に修正を重ねている」

と仰っています。そこにかなりの想いがつまっているのです。
完璧な文章はこの世に存在しません。


ただし、読み手が読みたいと思う文章に近づけることは可能です。ターゲットを決め、読み手が求める内容を想像した上で、読み手に読んでほしい・届けたいという強い想いは必ず文章に表れてきます。



以上の点に留意することで、読み手の心を動かし、分かりやすく言語化でき良い文章になるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

あやぴ/助産師/💓

助産師👶/東京🗼 箕輪編集室/キャリアデザインチームサブリーダー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。