良い文章とは

初投稿

良い文章を書きたい。

”良い文章とは誰も思わなかったことを書くことではない。誰もが思いながら言葉に出来なかったことを書くことである。” 樋川幸夫

初っ端から引用です。初めてこの言葉を目にしたのはtwitterでした。昔から名言、格言の類が好きで、名言格言botをフォローしていました。

大学受験、就職活動などの大きな節目には必ずその大学に行きたい理由、その企業に行きたい理由を言葉にしてきました

もっとみる

良い文章とは何か?

箕輪編集室ライターチーム内企画『篠原舞のガチゼミ』に参加しました。

【箕輪編集室とは】箕輪厚介が主宰するオンラインサロン。起業家やインフルエンサーといった各業界のトップをゲストに招く座談会形式のイベントの他、動画・デザイン・ライティング・コミュニティ運営などを学ぶチームがあり、それぞれが自主的なアウトプットを繰り返しながらクリエイティブスキルを磨いています。

今まで「良い文章」について、

もっとみる

良い文章を作るために、読み手への想像力を鍛える3つの意識

私が考える良い文章とは、書き手の意図が正しく伝わる文章である。

何故なら、文章は書き手の意図を読み手に伝えるための手段だと考えているからだ。

そして、書き手の意図が伝わることで初めて、読み手はその文章の意図することに対して感想や考えを持つことができる。
読み手の中に感情や思いを残すことができれば、文章としての役目を果たせていると言えよう。

反対に、書き手の意図が読み取りづらい文章は「そ

もっとみる

良い文章について考えたことはありますか?

良い文章とは、読み手の心を動かし、分かりやすく表現している文章です。

読み手の心を動かす要素は3つあると思います。

①新たな情報に触れ、学びを得られる

SNSが普及し多くの記事で溢れ返っています。可処分時間が限られている今、既知の情報しかない文章よりも、読み手の興味ある分野の中で彼ら自身のテリトリーを超えた情報がある文章の方が、興味関心が生まれやすいです。

②読み手のニーズを捉え共感が生ま

もっとみる

「創る」とは何か。【すべてのクリエイターのために】

私はいま、猛烈に夢中である。

何に夢中なのかというと、「創る」ということに、無我夢中なのである。

仕事に出掛けている間と、ご飯を食べたりお風呂に入ったりしている時間以外のほとんどを「創る」ということに費やしている。いったい何を創っているのかと言うと、音楽であったり、絵であったり、いままさに書いている文章であったりする。作曲し、打ち込みをし、ミキシングやマスタリングも終わらせて一曲完成した休憩が

もっとみる

「良い文章」を届けたい

こんにちは、マキタです。

今日でnoteを初めて1週間。

書くという行為が苦になるということはないけれど、書き続けるトレーニングをするのであれば、上達したい、良い文章を書きたい。
ただ書くことを大切に、と始めたものの、目標とする文章のないまま書き続けることはしんどいなあと思い始めました。

書くことに関して、何か刺激がほしい…と思い1冊の本を買うことに。

■Webニュースメディア ナタリーさ

もっとみる

文章の適切な長さとは。内容・場所・対象に合わせて考える

前回のnoteでまとめた「良い文章を目指す5つのポイント」から、今回は、「適切な長さ」について掘り下げてみます。

適切な長さは、内容、場所、対象、などに大きく左右されます。

『内容』にあった適切な長さ

内容とは、何について書かれた文章か。話題やジャンルによって、読者が「読んでくれる文章量」は全く異なります。

例えば社会問題について語るなら、かなりの長さまで読者は許容してくれます。難解な話題

もっとみる

「良い文章とはなにか」押さえるべき5つのポイント

ライターさんや編集者さんとやり取りしていて、たまにいらっしゃるのが「美しい文章」や「信頼感のある文章」に価値を感じている方。これ、要注意です。

かくいう私も以前まで「美しくきれいな日本語と文章」をひたすら意識していたことがありまして。ちょっと心当たりがあるという方は、ぜひ一緒に確認してみませんか。

最後にざっくりと「良い文章の目指すべきポイント」もまとめてみましたので参考にどうぞ。

良い文章

もっとみる

「文章を書く」とは何か。

最近の私は、本当によく文章を書いている。

日常生活を送っていても、路上で占いを構えて客を待っている間にも、突然どこからか言葉の海が溢れ出すような瞬間があり、外出時には常にメモ帳とペンの携帯を欠かすことがない。

ところがそれに反して、ネット上に文章を公開する機会はどんどん減っている。正確には「人に文章を読んでもらう機会」が減っている。最近ではツイッターもやめ、その他のSNSも積極的には使っていな

もっとみる

お前は考えているんじゃない、ただ連想しているだけだ

皆さん、こんばんは。
なんだか刺激的なタイトルですね。今日は、文章を書く以前の「自分の頭の中の思考」について書いてみようかと思います。

突然ですが、あなたは本当に考えていますか?

唐突ですが、あなたはちゃんと物を考えていますか?
物を考えているという作業は、たいていの人は「自分はしている」と、認識しているのではないでしょうか。仕事のことから、日常的な家事や思い悩んでいるあれこれについて、常に頭

もっとみる