"痴漢"と"子連れの女性に攻撃的な人"の思考はとてもよく似ている

いったいなぜ。痴漢被害に悩んだ学生時代

ミニスカギャルよりも、校則を守ったスカート丈の女子高生のほうが痴漢に遭いやすいという話を、聞いたことがないだろうか。

高校生だったころ、わたしは比較的校則の厳しい学校に通っていた。
制服はなにからなにまで学校指定のものを着用することが義務づけられていたし、スカート丈を詰めるのはもってのほか。
膝下まで伸びた野暮ったい丈のスカートを履いて、通学のため地元を離れ、40分ほど上り電車に乗るまいにちを送る…はずだった。

入学して間もなく、痴漢の被害に遭うようになった。
こわくなって車両を変えると、きまってついてきた。
乗車時間を変えれば、違う男性が寄ってきて、同じように痴漢をした。
電車を降りてトイレへ逃げ込むと、いつまでも待ち伏せされた。
続きをしようよ、と手を引き連れていこうとした人もいた。
降りる駅や制服から学校を特定したのか、学校の最寄駅で待ち伏せされたこともあった。
たった一駅しか乗らない電車のなかで制服に精液をかけられ、泣きながらトイレで洗ったこともあった。
下着にハサミを入れられたこともあった。
前と後ろで、別の男性に挟まれるようにして痴漢されたこともあった。

いま思うと、こころは相当なダメージを負っていたのかもしれない。
人と体が触れ合うような満員電車に乗ると、心臓は早鐘をうち、脂汗をかくようになった。
そのうち呼吸がくるしくなり、たまらず電車を降りる。
そういう日が続いて、すっかり駅へ向かえなくなってしまった。

学校へ向かうのは、電車がガラガラになった午前10時を過ぎてから。
同じ時間に家を出て、電車が空くまでずっと乗るはずだった駅間をひたすら歩く。学校に着くのは昼前なので、大遅刻だ。

そうして学校へ行ったところで、今度は帰れなくなることが多かった。
夕方になると、また電車が混み始めるからだ。
やっと乗れるようになるのは夜22時すぎの空いた電車で、わたしは夜まで時間をつぶすことを覚えた。
高校生が深夜に出歩くなんて、と思われるかもしれないが、深夜の街よりも早朝や夕方の電車のなかのほうがよっぽど危険だった。
とはいえ制服で出歩くわけにもいかず、わたしは着替えをロッカーにいれておくようになった。
夜ひとりで出歩くうちに、歳上の友人ができ、化粧を覚えた。
友人に合わせて短いスカートを履いて、できるだけ大人に見えるよう濃いメイクをした。
するとどうだろう、電車に乗っても、あれだけ悩んでいた痴漢に遭わなくなったのだ。

残念ながら、わたしはけっして美人ではない。
化粧映えしない地味な顔立ちをしているし、スタイルがいいわけでもない。
そんなわたしが、なぜ痴漢に狙われたのか。

それは、まさに地味だったからだ。

痴漢は見るからに何も言えなさそうな、おとなしく控えめに見える相手を探している。
わたしは、弱く抵抗できなさそうに見える容姿だったから、ターゲットに選ばれたに違いなかった。

***********

母親の服装で"誰の"ターゲットになるかが決まる

時は変わって2015年。
高校時代から10年が経ち、わたしは母親になった。

子どもと街を歩いていると、良くも悪くもさまざまな人が寄ってくる。
ムスメとおでかけをするとき、わたしたちに話しかけてくれる人数をカウントするくせがあるのだけれど、朝から夕方まで出かけると、平均して2~30人もの人に話しかけられる(店員などは除く)。
男性も女性もいるが、多くが中高年だ。
ほとんどが好意的に接してくれるのだけれど、ときどき明らかな悪意をぶつけてくる人もいる。
そしてその人種は、母親の服装によって異なることをヒシヒシと感じている。

たとえば。
ジーパンに汚れてもよさそうな(もしくは軽く汚れた)シャツ、スニーカーの「見るからに疲れていそうな母親スタイル」の、中高年女性ウケは最高だ。「大変よね、でもきっといまが一番かわいいのよ」なんて、過去の育児を振り返りながら、ニコニコと話しかけてくれる。
いっぽうで、中高年男性ウケはひどく悪い。
疲れている、弱そうに見える控えめな格好は、(ごく一部の)男性の加虐心でもあおるのだろうか。
広い通路でわざわざこちらに寄って体当たりしてきた人もいたし、1列しか乗れない狭いエスカレーターで、子どもが邪魔だと突き飛ばしてきた人もいた。

逆に、タイトスカートに少しだけヒールのあるパンプスを履いて歩く「イマドキな母親スタイル」の、中高年女性ウケは最悪である。
なにか害を加えたわけでもないのに、エンカウントした途端に「いまどきの母親は」から始まる説教をぶつけてくる女性に遭遇する確率の、なんと高いことか。
いっぽうで、中高年男性ウケはとてもよく、中高年女性による理不尽な説教をさえぎってくれることさえあった。それも、何度も。

わたしが遭遇した相手に限っていえば、皆、母親の身なりを見て、自身のうちに秘めたものをぶつけられるターゲットを選んでいるのだ。

**********

"痴漢"と"子連れの女性に攻撃的な人"の共通項

(加虐心の強い一部の)男性は、自分よりも弱く、自分にたてつくことができなさそうな相手を攻撃の対象として選ぶ傾向にある(と、思う)。
それは、見るからに疲れていそうな母親だったり、スカート丈の長い女子高生だったりする。
そういう相手ならば、怒鳴ったり、突き飛ばして鬱憤を晴らしても、なにもできないだろうと思っている人が一定数いる。

先日、「ベビーカーに乗った一歳児を60代男性が殴る」というニュースが話題になった。
父親のTwitter(現在は削除済み)によると、離れたところにいた父親が駆けつけたところ、加害男性は驚き、怯んだのだという。
もしかすると、ベビーカーを押していた女性は、とてもおとなしく、控えめな、母親らしい服装だったのではないだろうか。
それこそVERYに出てくるような華やかな格好をしていたり、マキシ丈のワンピースにサングラスを装備しているようなイケイケな格好をしていたら、ターゲットとして狙われなかったのではないか。
もちろん彼女がどんな服装であれ非難されるいわれはないが、そんなことが、ふっと頭をよぎってしまった。


いっぽうで、子育てをすぎた中高年の女性は、子育て中の母親を過去の自分と比較し、楽をしているように見える相手に刃を向ける傾向が強い。

つい先日の話。駅でムスメと手をつないで電車を待っていたところ、やたらと大きな声で話しかけてきた中年女性がいた。
「歩いていてえらいわねえ!いまなんかみんなベビーカーで楽をするでしょ?親も子も!」
横には、ベビーカーの母子。ワンピース姿がかわいらしい、小柄な母親が気まずそうに立っていた。
中年女性は、この母親を見て、わかっていて、聞かせるために大きな声をあげたのだ。

女性は女性に厳しいというけれど、子育て中の母親にたいしてはそれを顕著に感じる。
特に「楽をしている」「手を抜いている」という点にきびしく、かならず最後に「昔はこんなに苦労した」という言葉を付け加える。
実際に苦労をしたのだろう。報われない気持ちがずっと渦を巻いているのかもしれないと思うと切ないが、まったくの他人にそれをぶつけるのはあまりに見当違いだ。

**********

"痴漢"と"子連れの母親に攻撃的な人"の共通項、それは「服装や身なりを見て相手を選ぶ」ところ。
ターゲットに選ぶ相手は男女で差を感じるものの、「気の強そうな」相手には何も言えないというのはすべてに共通する。
とはいえ、身を守るためだけに強めなファッションに変えるというのも難しいので、子連れの女性は、必要以上に申し訳なさそうにせず、背筋を伸ばし、けっして弱く見せないことが大切なのかもしれない。

**********
追記:
各種SNSでたくさんご意見をいただき、ありがとうございます。
すべてわたしの経験からくる主観なので、「そう思わない!」という人もいらっしゃるかは思いますが、あぁこんなことを考える人間がいるんだと思って読んでいただければさいわいです。

本文では省いていますが、両親はなにもしなかったのか?と思われるのは心外なので、学生時代に遭った被害についての補足です。

痴漢に遭っていたことは、両親には隠していました。
遅刻が増え学校から呼び出されてしまったため、きちんと登校をしていないことは早々に母にバレてしまいましたが、母は「学校なんてやめてもいいよ」と言うだけでした。
性について、まして性被害について膝をつきあわせて親に訴えるというのは、思春期真っ盛りのわたしにはとてもつらいことだったので、このときの対応はいま思い返しても「ありがたかった」と思っています。

痴漢被害に遭ったことが両親に伝わったきっかけは、親切な周りの人の協力を得て、痴漢を現行犯として確保したことでした。
未成年だったために保護者を呼ばねばならず、警察署へ付き添ってもらうことになったのです。

両親について、「なにもしてくれなかった」とは思っていません。
スカートを汚されたとき、「だいじょうぶ?」と聞くだけで、深く詮索せずに替えのスカートを出してくれたこと。
自転車に精液をかけられた日、わたしの代わりにサドルを洗ってくれたこと。
なにも聞かずにいてくれて、必要なときに助けてくれました。

あのころ、被害について深く聞かれても、話す勇気はありませんでした。
話せばきっと思い出したでしょうし、自分のなかで解決する時間が必要でした。
両親の対応は、当時のわたしにとってはいちばん的確だったと思っています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

375

シノヅカヨーコの考え方

5つのマガジンに含まれています

コメント16件

痴漢こわいですね。
服装とか見た目でこんなに、人の態度が違うなんて驚きました。
でも間違いないと思いました
良い読書体験でした。ありがとうございました。 僕は男性ですが、何故か痴漢にあったことがあるので、ほんの少しだけですが気持ちが分かる気がします。 全痴漢は一度痴漢されてみればいいのです。どんだけの恐怖かすぐに分かるから。
突然のコメント失礼いたします。
Paletteというメディアを運営している、副編集長の伊藤まりと申します。弊メディアでは、”「こうあるべき」を、超えてゆく”をテーマに、漫画でさまざまな実話やニュースを紹介し、多様性に富んだ考え方を広める活動をしております。

この度はお願いがあり、ご連絡差し上げました。
シノヅカヨーコ様がご投稿なさったこちらの記事を弊メディアで漫画化し、発信することを許可いただくことは可能でしょうか。

非常にメッセージ性が高く、多くの方に読んでいただけると考えております。漫画には、noteの記事のURLを添付させていただき、発信させていただきたく存じます。

突然のお願いにて非常に恐縮ではございますが、ご検討のほど何卒よろしくお願い致します。

伊藤
投稿拝見してびっくりしました。
私も中学1年の頃痴漢に悩まされました。
しかし、それ以降は特に服装が変わったということは無いのに満員電車に乗っても何もありませんでした。
少女だったら頃と違い今だったら相当に気が強いので、すぐに突き出してやるのにと思っているのですが、遭いません。
そして、現在子育て中ですが、そういったウザいババアとかとんでもジジイにあつたことがないので、ひたすらびっくりしてます。
でも、それ実はそのはずなんですよ。私は170センチを超える長身で小人のような中年過ぎの人には無意識の威圧感をあたえるのだと思います。痴漢にあった中1の頃は確かに背が160前後でしたよ。
女性は身長によって見える世界が、異なることに愕然とします。
身長が高いので、日本人男性からはモテなくて苦労しましたが、いわゆるそういうバカにされた経験は一度もないです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。