こんばんはのんびり部活

クラスで、ただ一人の黒い瑪瑙のような真っ黒で豊かな髪の毛を持つ男の子に、彼の目を引かれている

存分に書きましょう

わたしのような軽い奴にとって、そんなにくいことではないかもしれないと存じます。

 ノートと呼ばれる以上、ノートの方式を使えばいいだ存じます。

 たとえ短いつぶやき、中途半端で未熟な雑文、さらに他人にとって訳がわからない随筆など、常に紙のノートに現れるものだろう。

 そしたら、なぜネットでのノートに現れ出られない?

 なんか間違いがあれば、下書きに戻して、直しや削除など、自分の好きな形でやれ

もっとみる

あの話/ヴァレンティーナ

ある山のふもと、様々な木が生い茂った林の中に大きい屋敷がある。そこが「みやま」家だ。
 日本語で「深山」の「み」は、もともと美称の接頭語だが、深山家にとって、「美」を苗字に含みが名実相伴うことだ。

 例えば、今の長女、深山美弥子。
 彼女は、よく見られる身の丈や、格別でない上囲や、アジアの稲穂黄の肌など、様々で平凡な形を持っているが、瞳だけが少々違う。
 深くて澄んだ黒曜石のような瞳が常に炯々た

もっとみる

水槽の周りに、いつも水の跡がある。
なんか小さな生き物が時々遊びに来てくれるようだ

そして、その二つの軍勢は、太平洋連合船団という中立的な組織になって、全力で受難の人たちを救っている。

Dust pressed into a diamond by the weight of this world.
この世界の重みに押し潰されていた

You crushed me, but you didn’t destroy me.
わたしを潰した、でも壊れなかった

彼女のお腹の中には、今もひとり赤ちゃんがいる。

お腹はぱんぱんに膨らんで、近所の人は「またなんね」と言って笑っている。

もう、おめでとうも言わない。(土門蘭、2019)

学校に創立された時に、御鍵峰さんが学校に大金を寄付しているうわさがある。そいうことは、わたしも最近聞きいた……